99number90.png九十九里ナンバー実現のため、署名活動を展開しています。趣旨に賛同いただける方、どうぞリンクから署名をお願いします。
http://www.shomei.tv/project-292.html

QRcode.png携帯からはこちらへ。
http://www.shomei.tv/m/project-292.html
左のQRコードを使えば、署名ページに一発で飛べます。

アナタの「1ポチッ」が励みになります。 この記事が「面白い!」という方は、下の政治ブログランキングボタンをポチッとクリックお願いします!!
にほんブログ村 政治ブログへ

2006年04月10日

選挙に行こう!

 明日4月11日は、任期満了に伴う長生村議会議員選挙の告示日です。
16日の投票日に向けて、短くも激しい選挙戦に突入することになります。

 仮にそのシステムに問題や不備があろうとも、私たちの意思を政治に反映するためには選挙で投票するしかないことは、昔から言われていることですよね。

 なにか自分の気に入らないことや自分に不利なことがおきたとき、投票をしない(自分の意思を表明しない)ということは、暗黙のウチにその不利な状況に対して自ら賛成を表明したのと同じです。
「意思表示無きは賛成と同意」というのは、民主主義の大原則なわけです。


 そんなことにならないためにも、あなたの貴重な一票を有効に使いましょう。
 投票することで自らの意思を表明しましょう。
 それ以外に、あなたの意思を政治に反映する方法は無いのです。

 もちろん、買収なんてするのもされるのも、もってのほかですよね。
 もしも買収者が来たなら、言ってやりましょう。「私はカネで魂を売るような輩ではない」と。
 長生村民が理性も知性も持ちあわせた選挙民であるということを示してやりましょう。



 あなたと長生村の明日のため、是非みんなで16日の選挙に行きましょう!


posted by 酒井ひろき at 23:15| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

合併白紙で交付税減額

上は読売新聞に掲載された記事(2006/04/06 読売新聞千葉版)の見出です。

 新聞記事によれば、千葉県東金市で2004年9月に住民からの直接請求によって採択された「合併の是非を問う住民投票条例制定案」により、合併に賛成が8615票、反対が17038票という圧倒的な差で合併しないことに決まりました。
この東金市に対する今年度の地方交付税は約30億円。対して、合併により東金市とほぼ同じ人口になった山武市では約50億円です。

 記事には市職員のつぶやきとして、次のような言葉がありました。
「合併しない自治体に国は冷たい。つくづく、あの時に住民投票条例案が否決されていればと思う」

 東金市の毎年の支出は160億円であるのに対し、交付税の減少などにより収入は150億円ほど。
現在の市民サービスを維持すれば、市の貯金(昨年度末で約30億円)は3〜4年で底をつく計算になるそうです。

 長生村が合併をするのか、しないのか、それは村民の意思によりおこなわれるべきだと思いますが、このような現実があることをきちんと提示した上での合併論議をおこないたいものですね。

【 用語 】
■地方交付税■
 自治体の経済力にかかわらず、教育や福祉、道路整備などの行政サービスを一定水準で行うために、国が地方に配分する財源。国の財政圧迫の 一因とされてきた。国は不交付団体の人口割合(全人口に対する不交付団体住民の割合)を2000年の11・5%から、05年度末には18・4%に拡大す る。
posted by 酒井ひろき at 14:25| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

昨夜の公開討論会

 パネルディスカッション形式で9名の参加者を見た昨夜の公開討論会は、実行委員の方たちの「段取り不足で・・・」という言葉とは裏腹に、大成功という印象でした。

 各パネラーの真摯な意見とコーディネータの上手な進行により内容的にも充実していたし、また、見る人の真剣な気持ちが会場を充たしているような雰囲気で、同じ時間と同じ場所を共有できたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
パネラーの中には話術巧に会場に笑いを振りまいていた方もいたりして、終始和やかな雰囲気で進んでいった討論会は、若い人達が真剣に村の将来を考え、「どうすればもっと良くなるのか?」という疑問をあの様な形で実現ものであり、彼等実行委員の行動力と情熱にエールを送りたいものです。

 残念だったのは、参加されなかったパネラーや急きょ参加をとり止めたパネラーの方がいらっしゃったことです。
オリンピックではないけれど「参加することに意議がある」と思うのは私だけでしょうか?

 参加した方、しなかった方。
あなたはそれぞれ、どんな印象を持ちましたか?

 
posted by 酒井ひろき at 17:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。