99number90.png九十九里ナンバー実現のため、署名活動を展開しています。趣旨に賛同いただける方、どうぞリンクから署名をお願いします。
http://www.shomei.tv/project-292.html

QRcode.png携帯からはこちらへ。
http://www.shomei.tv/m/project-292.html
左のQRコードを使えば、署名ページに一発で飛べます。

アナタの「1ポチッ」が励みになります。 この記事が「面白い!」という方は、下の政治ブログランキングボタンをポチッとクリックお願いします!!
にほんブログ村 政治ブログへ

2006年09月30日

老兵は死なず

 iza!ニュースから 

 国産初(そして、今のところ"最後の")の旅客機YS-11が今日限りで国内線から引退するそうです。
初めて乗った飛行機が東京<>熊本間のYS-11で、子どものころは結構な軍ヲタ、それも航空機専門ヲタだったので、このニュースは寂しいものがあります。

 プロジェクト自体が厖大な赤字の上に成り立っていた上に、安全への投資がさらに厖大になるとあっては、古い=危険と直結する航空機では引退もやむなし・・・ということなのでしょう。まあ、それでも40年以上も日本の空を飛んでくれたのだから、ここは心から「ありがとう」と言いたいです。
 裏話を聞くと国のプロジェクトに問題点があったり、頑丈に作ったためにコストが嵩み外国製航空機との価格競争に太刀打ちできなかったとか。でも、美しい姿で天翔る飛行機には、なんの罪もないですからね。
 このあとはフィリピンへ売却され、第2の人生をおくるそうです。1日でも長く、空を飛んで欲しいものです。
ラベル:ys-11
posted by 酒井ひろき at 21:56| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第三回長生村議会定例会3日目

 27日の休会日をはさんで、28が議会最終日三日目でした。
一般質問三名と議案審議三件。
 私の一般質問は「一松地区の公園と休日の小学校校庭開放について」と、予告どおり「村長の政治姿勢と市町村合併について」です。
 
続きを読んでみる
posted by 酒井ひろき at 11:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツール・ド・千葉

 10月7/8/9の3日間、千葉日報他が主催でツール・ド・千葉という自転車イベントがおこなわれます。
3日かけて自転車で千葉をしゃぶり尽くそうという企画。本家フランスのツール・ド・フランスと違ってレースではないので、ノンビリと千葉の景色を楽しみながらツーリングをしていただくという趣向です。だから3日間フルに出場しなくても、1日だけの参加もOKだそうです。

 2日目にあたる8日の朝、白子町をスタートした自転車は午前8:30ころから長生村内を通過します。
見かけたら応援してあげてくださいね。

 当日は私もスタッフジャンパーを着て、驚のセヴン・イレヴン交叉点に立っています。
見かけても石は投げないでください(ё_ё)

 ところで、主催者の一員である千葉日報のホームページをみても、このイベントの情報を探せないのです(ホームページ内検索ができないというのも大きな欠点です)各市町村の観光協会や商工会に協力依頼をする前に、まずは自分達のホームページで大々的に宣伝すべきだと思うのですが・・・
posted by 酒井ひろき at 09:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

第三回長生村議会定例会 初日終了

 タイトルどおり初日が終了しました。
執行部による議案説明と議員による一般質問4名です。
明日27日の休会日をはさんで、あさって28日にも一般質問が3名によりおこなわれます。

 議会日程については村長をはじめとする執行部の先走りで、議会運営委員会(議運)の決定を待たず村広報紙に「9月26、27、28日」と発表してしまうアクシデントがあり、今回は議運のさい配で日程を3日間としたものです。まあ、実際的には事務方から議案説明されても調査期間(時間)がないと、私たち行政の素人には意味不明な部分が多いので、明日の休会日を利用して調べてみたいと思います。怪我の功名ですかね。
今日の一般質問では緑川議員の質問に光るものがありました。詳細は最終日以後、まとめてご報告します。

 私の一般質問は最終日28日の最後におこないます。
テーマは

  1. 一松地区の公園と休日の小学校校庭開放について
  2. 村長の政事姿勢と市町村合併について
の2点です。
 興味がおありの方は、是非、傍聴にいらしてください。
ラベル:長生村 議会
posted by 酒井ひろき at 18:18| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

吉祥寺の心意気と銀座のこだわり

 iseya.jpg今日の新聞にもありましたが、吉祥寺の名物焼き鳥店「いせや」が老朽化で取り壊しになるそうで、最後の「お店」を開いたそうです。高校生の頃から吉祥寺で遊んでいて、学生、社会人と成長してからも吉祥寺とは縁が切れず、このお店にも何度か足を運んだことがあるので、寂しさもひとしおです。このブログを訪問してくださる方の中にも、同じ思いの方がいらっしゃるのではないでしょうか。
 吉祥寺は決して洗練された街ではなくて、雑多というか、むしろ猥雑ささえ感じられる街です。でも、そこが赤阪や銀座と違う親しみやすさと、古い東京の心意気が残っているようで、とても好きな街でした。この「いせや」とか喫茶店「西洋乞食」、Jazz喫茶「サムタイム」・・・今でもあるのかな。
 古い建物が危険なのはわかるのですが、こういう文化とも言えるようなものは、なんとか残せないものなのでしょうか。
 

barbon.jpg 話は変わって、少し前ですが銀座で飲む機会がありました。
まあ、銀座とはいっても八丁目ですから、駅で言えば新橋。ヲヤヂの街です。
入ったバーはカウンターにストゥールが7つほど、ボックスがひとつという小さな店で、一杯2000円という銀座としては破格のバーボンをチビチビと舐めながら気がついたのですが、氷が違うのです。そこいらへんの冷蔵庫で作った安手のものではなく、完璧な透明度で、一辺が4cmほどもある角氷。密度が高いので溶けにくく、私のようにケチケチとのんびり酒をすすっていても薄くならないというわけで。

 さすが銀座。八丁目で駅は新橋とはいえ地名は銀座。その名に恥じないこだわりです。
 

 こんなことを長々と書いたのも、常々「田舎には文化やこだわりってあるのだろうか」と思っていたときに、こんなニュースに触れたり、経験をしたから。
いや、あるとは思うんですよ。でも、それがオモテに出てこない。他所から来た人間には気がつきにくい場所にあるのかも知れません。
まあ、比較の対象が仕事で文化やこだわりを客に供するものとでは、比較すること自体的外れなのは重々承知なのですが・・・

 私はこの地で骨を埋めることが確定事項なので、今の激変しつつある時代の中で、この地域が過去から引き継いできた文化をどのようにすれば残すことができるのかを真剣に考えてしまいます。無くしてしまった文化を再興するのには厖大なエネルギーが必要ですからね。はじめから無くさないようにする方が簡単です。かといって、「無くさないように」「変わらないように」と全てを否定して後ろ向きに生きて、止まってしまえば文化も腐ります。
 合併問題でドタバタしている今だからこそ、捨て去るべきもの、無くしてはいけないもの・・・それらを見極めながら進んでいきたいと思います。
 

 明日は議会初日。
今日はこのへんでオヤスミナサイ。

posted by 酒井ひろき at 23:44| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

飲酒対策

 近頃は飲酒運転で悲惨な大事故を起こすケースが増えているようです。
正直に告白すれば、飲酒運転をやったことがないとは言いません。でも、もう、出来ないですよね。

 かといって、議員になってからは、酒席もおおくなりがち・・・と、悩んでいたのですが、最終兵器を購入しました。

csb.jpg 折り畳み自転車(笑)
理想的には帰りはウチの家内に迎えに来てもらうのが一番ですが、小さな子どももいることですから、毎度毎度とはいきません。
飲んだ日はクルマは置いてきて、翌日、自転車で店までいって、クルマに積んで帰ってくるという算段。

 近所のケーヨーD2で8900円プラス登録手数料500円でした。
この"500円"というのが曲者で、盗難されたときなどこの番号を元に照会するのでしょうが、簡単に剥がせるシールでその役目は果たせるのか?とか、500円は高くないか?そのカネ、いったいどこに入るのよ?など疑問が湧いてきます。
今度調べてみようっと。

 ようは、飲まなきゃいいのですが、そういうわけにもいかない事ってありますよね(^^;

ラベル:自転車
posted by 酒井ひろき at 18:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決

 iza!ニュースから

 タイトルどうりの判決が出たそうです。
あくまでも個人的な意見ですが、この判決はおかしいと思います。

 仮にも国とその下部機関(学校)に雇われた教師が、国旗・国家に対する畏敬の念も持たずに職務に就くこと自体おかしいし、その個人的思想を子ども達に流布すべく行動することもおかしい。おかしいこと尽くめです。
もしも教師がこの判決を双手を挙げて喜ぶなら、先にも書いた「今度は通知表」や「荒廃はだれのせい?」といった教師に対するバッシングをどのように捉えるのでしょう?

 「私は先生が気に入らないから、言うことをききません」「学校のやり方が気に入らないから登校しません」「校章・校旗・校歌が気に入らないので、卒業式には起立しませんし、歌いません」「校則が気に入らないので、先生に対する敬意ははらいません」

 こんなこと言われても言いかえせないでしょう?
スポーツ大会で他所の学校に行って、こんなこといったら恥さらしですよ>その生徒と教師と学校
言ってることが過去の記事に出て来た非常識で自分勝手で我が侭な保護者とどこが違うのですか。
国際的なスポーツの試合などでは、相手国と自国の国旗が掲揚され国歌が流れているときには、帽子をとり、手を胸に当てて敬意をはらうのは常識です。こんなことを認めるから、スポーツの国際試合の場で相手の国歌が流れているのにボォ〜ッと突っ立っているバカな選手がTVで大写しになってしまうのですよ。
自国の国歌・国旗を愛せない人間は他国への敬意もはらえないという良い見本です。

 判決は「思想と良心の自由を認めた憲法に違反する」ということですが、では、その憲法による保護の対象となるのはだれでしょう?私は国歌・国旗という日本の象徴に対する畏敬の念を持つ人間だと考えます。それが持てないのであれば、なぜ日本人である必要があるのですか?
日本国憲法は日本という国を愛し、国歌・国旗に対する愛着を持てる「日本人」のためにあるのであって、それらに対する敬意をはらわない他所の国の人間を保護するためにあるのではないのです。

 もしも教師という存在がこの判決を良とするなら、私はこう言いますよ。
「それは私の信条に反するし、そのような教師は気に入らないので、その教師を代えてください」

 さあ、そこのセンセイ。言いかえせますか?
 
ラベル:国旗 国家
posted by 酒井ひろき at 17:50| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの国

 千葉県市原市に「子どもの国」というのがあります。
ウチも若旦那(長男)が小さい頃からお世話になっていて、先だって生まれた姫(長女)もお世話に・・・と思っていたのですが。

 ここが今月いっぱいで閉園するというニュースを読みました。
もう、大ショックです。長生村は田舎ですがそれほど自然が豊かなわけではなく、公園も少なく、子どもを安心して遊ばせておける場所というのが実は少なくて、特に雨が降った日などは途方に暮れてしまいます。
子どもの国は数少ない「雨天でも遊べる施設」だったうえに、園の職員さん達も公務員とは思えない接客態度で非常に好印象を持っていたので、残念と言うにはあまりに残念です。

 ここも、もともとは市原市でつくって運営が立ち行かず、千葉県に移管しても運営が立ち行かず・・・という話を聞きました。なんで行政がつくる施設って運営が上手くいかないのでしょうね?
決算書を見たわけではないのでどこに無駄な予算が使われているのか分かりません。また、そういった、予算の使い方だけが原因ではないような気もします。

 たとえば、自分自身が行った経験から言えば、いくら子どものための施設とはいえ「安全すぎる」のです。
行政が管理するものだから怪我をされては困るのでしょうが、まったく「危険の香り」がしないものは子どもだって飽きてしまいますよ。もっと子どもの冒険心や向上心をくすぐる遊具を揃えておいたら、多少は違ったのではと思ってしまいます。他にも施設維持・管理の費用がかさむなら、お年寄りを無料招待してゲートボール大会など開く替わりに、施設の草刈りなどをボランティアでやってもらうとか・・・方法はあったはずなんですよね。

 
ラベル:子どもの国
posted by 酒井ひろき at 13:15| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

市役所の民営化!?

 iza!ニュースから 

 日本じゃなくて、アメリカの話ですけど。

 しかし、やることが大胆ですね。なんでも他人のせいにする訴訟社会のアメリカは嫌いですけど、経費の削減という目的がハッキリしたら、手段を問わずに断行するところはアメリカらしいところで、尊敬の念を持ってしまいます。日本の場合は、住民サービスをおこなうという本来の目的ではなく、役場を維持すること自体を目的と勘違いしている人もいるようですが、その辺はこれを見ならって考えを改めて欲しいものです。

 まあ、本当に良いこと尽くめかどうかまでは実際に現地を見たわけではないので分かりませんが、10万人規模の都市で、警察と消防を除くすべての業務を民間委託したら予算がたったの34億円で済んでしまったというのは驚きです。正規の市職員は3人だそうですよ。他の職員の処遇が気になりはしますけど、徹底してますね。

 今のままで長生村が合併に失敗したら、こうならざるを得ないのかもしれません。このように方法論が出来てしまっている以上、予算が少ないから住民サービスは出来ないとか、交付金を削減する政府が悪いとか言う言い訳は通用しないのです。

 常々、冗談交じりで「国こそ民営化しろ」と言っている私としては、拍手喝采ものの出来事でした。
ラベル:民営化 役所 行政
posted by 酒井ひろき at 09:25| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

安倍晋三氏が選出される

iza!ニュースから 

 大方の予想どうり、安倍さんが次期自民党総裁に選ばれましたね。つまり、次の総理大臣が決まったと言うことです。
ご同慶の至りです。
タカ派とかも言われていますが、上手く外交問題にも取り組んでいただきたいと思います。

 

 それはそうと、投票したのが党所属国会議員で403人、所属党員が300人との報道ですが、それってどうなのよ(笑)
ちょっと問題ありだと思うんですけどね。政治家ではない自民党員の方たちって言うのは、自分達の親分を決めるのに無関心なのでしょうか?それとも党員って300人しかいないとか??

ラベル:安倍晋三 総裁選
posted by 酒井ひろき at 17:23| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スウェーデン、12年ぶり政権交代へ

 iza!ニュースから 
 タイトルのように、スウェーデンで左派政権が敗北して、久しぶりに右派が与党となるようです。

 スウェーデンといえば、その桁外れな高福祉政策が有名ですが、それも一時停滞することになるのでしょうね。
高福祉というと聞こえはよいのですが、それは所得のおよそ50%という高率な課税と、自動車でも有名な(元を質せば航空機メーカーですが)Saab(サーブ)という軍需産業によって支えられてきたわけです。

 また、政権奪取に成功したのが右派野党連合政権であり、特に連合を率いる穏健党(フレドリック・ラインフェルト党首)は2002年の総選挙で"減税"と福祉の見直しを掲げて議席数を減らしたという事実が面白いと思います。 「減税する!」といったら議席を減らしたのですよ(笑) 日本じゃ考えられないことでしょう。
 福祉問題はさておき、スウェーデンだけではなく、ヨーロッパではガリガリの左派勢力が力をなくし、右派だけど左派的な要素も採りいれた中道路線に走る政党・政治家が増えているそうです。私も極端な右派や左派には抵抗感が強いので、この傾向は歓迎したいところです。

 政権交代に至った本当の理由というのは私には分かりませんが、単純に、政権として飽きられたのか、それとも、国民が高課税に耐えきれなくなってきたのか、はたまた、別の理由からなのか・・・

posted by 酒井ひろき at 16:16| 千葉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

備忘録

 平成17年度の長生村と茂原市における特別職給与と議員報酬の比較表
 (データは総務省・決算カードから)

 

 長生村

 茂原市備 考 

 人 口

14545 

93779 

 単位・人

 市町村長

 788000

 700000

 単位・円

 助  役

 639000

 690000

 単位・円

 教育長

 577000

 630000

 単位・円

 議会議員

 214000

 405000

 単位・円

 首長・議員
比率

 3.68

 1.73

 

 財政力指数

 0.561
(-0.039)

 0.838
(-0.012)

 「1」で収支とんとん
カッコ内は前年との比較

 厳しい財政状況の中、各自治体の首長も報酬削減などで頑張っているようですね。
(数値は月額ベースなので、年報で考えると若干変わると思われます)

 参考までに、「合併しない町宣言」を条令で決めた福島県の矢祭町や破綻して財政再建団体に転落した北海道の夕張市の決算カードはこんな感じです。
(データの都合上、16年度の決算カードから)

 

 矢祭町

 夕張市

 人 口

7062 

 14791

 市町村長

 533000

 699000

 助  役

 533000

 615000

 教育長

 533000

 548000

 議会議員

 208000

 301000

 首長・議員
比率

 2.56

 2.32

 財政力指数

 0.25

 0.22

 

 まあ、他所様の財政状況にあーだこーだ言うのはやめておきましょう(^^;
(人のこと言える状況じゃないし)

 ところで、議員歳費を基準にして矢祭町ベースで考えると、長生村村長は547840円、茂原市ベースなら370220円となります。
どれが適正な報酬なのでしょうね?
ちなみに、矢祭町長報酬を基準にして長生村ベースで議員歳費を算出すると当村議会議員の歳費は3078125円になり、茂原市長報酬を基準にすれば455491円になってしまいます。
どれが適正な歳費なのでしょうね?
 

posted by 酒井ひろき at 11:02| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

光、その後

 以前書きました光ファイバー網導入のための活動は、ひとまず長生村商工会情報化委員会の名前で、回覧板形式で村内から希望者を募ろうということにまとまりました。近隣の他の町でも同様の活動をおこなって、それなりの結果が見られたということを受けてのことです。

 田舎こそ情報通信インフラの整備が欠かせません。
都市部なら自転車でも歩いてでも手に入る情報が、ここではクルマや電車で遠路移動しなければ入手できないからです。今の状況はとうてい満足できる状態ではありませんので、これからもドンドン要望していくつもりです。

 こういう環境を整えた上で、オンラインで住民票などが入手できるようにして、箱ものである庁舎とそこに関わる人間を削減することが、行財政改革の本質的な目的にも合致するはずです。
ニュースによれば、これらの技術を使って、コンビニで卒業証書を手に入れる実験が成功したそうです。本人確認の方法など詳細なことが分からないこともあり、若干の不安もありますが、「自宅で住民票」 これこそが将来の役場窓口業務の目指す方向ではないでしょうか?

 そうすれば「役場がなくなる」などというのは、合併に反対する理由にならなくなります。本来であれば、首長こそがこれらの施策を推進すべきなんですが・・・ウチはね・・・(-_-;)
posted by 酒井ひろき at 09:12| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

長生村敬老の日式典

CA270106.jpg 今日は敬老の日と言うことで、長生村に住むお年寄りたちのために式典が催されました。
前半はお約束の来賓挨拶でしたが、中でも議会議長の挨拶は出色の出来だったと思います。若くしてご両親を亡くしているためか、お年寄りを労る気持ちが滲み出る言葉は儀礼とは思えないもので、さらにさり気なく合併問題も折りこむなど、聴いていて気分の良いものでした。

CA270104.jpg 後半はアトラクションがあり、長生村在住のモノマネ芸人"轟 進一"さんの"森 進一"のモノマネは定評があるものです。カメラを向けるとサッとポーズをとるところなど、さすがサービス精神旺盛な方でしたw
(携帯で撮った写真なので、ぶれぶれはご勘弁を)

 ところで、最近はお年寄りを大切にしない風潮が目だちますが、私などは祖母に叱られながら育ったので、とうてい理解できないことです。
お年寄りが持っている"経験"というのは、なににも代えがたい財産だと思うのですが・・・

 この方たちが安心して、健康に生活できる環境を作っていくのも、我々議員に課せられた仕事です。
今日のイベントを機会に、もう一度気を引き締めていきたいと思います。

 
posted by 酒井ひろき at 12:28| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

65歳以上は過去最高20.7%

時事通信社ニュースから

65歳以上は過去最高20.7%=83万人増の2640万人−総務省推計 
(時事通信社 - 09月17日 18:10)
 18日の敬老の日に合わせ、総務省は17日、今月15日現在の高齢者推計人口を発表した。65歳以上の高齢者は昨年から83万人増えて2640万人(男性1120万人、女性1520万人)。推計総人口が1億2772万人と昨年から2万人減る中、高齢者が占める割合は0.7ポイント上昇して過去最高の20.7%に達した。 

[時事通信社]

 5人に1人は"高齢者"という時代が来たわけですね。
一応、ここから上の年代は「非生産年齢」とみなされるわけです。"非生産"っていうと聞こえは悪いですが、ようするに、一所懸命働いた後にリタイアされた方々と言うことです。
実際にはこれより上の年代の方でも働いていらっしゃるのが現実なので、これをもって非納税者とみなすのには抵抗がありますが、年金受給がここから始まるということから、ここらへんで線を引いているのでしょう。
ウチの村の人口推移データが手もとにないので臆測ですが、当然、当村も高齢化が進んでいることと思います(この先しばらくは、この傾向が続いていくことと思います)

 すでにお伝えしているように、少子化によって日本中で生産年齢人口(≒納税人口)が減りつづけていることと、高齢化によって自治体の負担がますます増えているのですが、これを下ざさえしてきものの1つが地方交付税です。
ところが、この地方交付税も年々減少の一途をたどり、これからも減っていくことがかなりの確度で予測されています。つまり、お年寄りが元気に過ごしていくためには、"なにか"の策が必要になります。

 策のひとつは、徹底したコストカットです。
職員や議員の報酬をはじめ、自治体三役(首長・助役・教育長)も例外なく対象になるでしょう。それでも足りない分は、住民負担となると想像するのは容易ですね。
「道路の穴を塞いでくれ」とか「就学前の家計負担を軽減してくれ」という要望も、今後は通用しなくなる可能性が大きくなるわけです。

 ちなみに18年度、我が村の村長・助役・教育長の報酬合計は46019000円が予算計上されています。
平均すると1000万円を軽く超えているわけですが、厳しい村財政の中で、この金額が高いのか安いのかをここで論じるのはやめておきましょう。みなさん、それぞれが判断してみてください。

 対する方策として私たちが主張しているのが「市町村合併」です。
そのメリット・デメリットはあちこちで書いていますのでここでは書きませんが、決してメリットが無いなどと言うことはありません。そのメリットをメリットとして認めるかどうかだけです。

posted by 酒井ひろき at 23:05| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九十九里クリーン作戦

 本日、朝から海岸の清掃活動に行ってまいりました。毎年参加しているのですが、年々ゴミが少なくなってきているような気がします。これはちょっとウレシイかも。
 一時、ちょっと小雨まじりの天気になったのですが本降りにはならず、むしろ炎天下よりは良かったのかもしれません。ゴミは少なかったけど、流木がすごくて四苦八苦しました。一宮川の河口がすぐそばなのでしかたのないことですが、なにか抜本的な対策はないものでしょうか?

CA270098.jpgCA270095.jpg

 作業は一般住民の方&地元関連業者からのボランティアさんや、役場の職員さん、たまたま居あわせたサーファーの方々などがいっせいに海岸のゴミを拾って歩いたおかげで、ほんの1時間半ほどで見ちがえるようにきれいになりました。

 親御さんが連れていた小さな子ども達も、大人たちが海岸をきれいにしているところを見れば、きっときれいにしようと思ってくれることでしょう。

 みなさん、ご苦労様でしたm(__)m

posted by 酒井ひろき at 17:40| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

一般質問通告書が完成

 悩み抜いた揚げ句に一般質問で取り扱う内容が決まり、その通告書を今書きあげました(あ〜、疲れた)
 今回取り上げる問題は2点だけ。

1つは一松地区の公園と学校開放について。
もう1つは村長の政治姿勢と市町村合併について。

 他にも取り上げたいことはあるのですが、2点目が非常に長くなってしまったので、持ち時間(1時間)が足りなくなると判断して、これだけにしておきました。

 詳細は議会終了後にご報告しますので、是非、お読みください。
(議会って"体力"消耗戦ですね)

 
posted by 酒井ひろき at 01:01| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

ホームページ予告

 ただいま、合併問題専用のホームページを制作中です。
今月末か来月初旬頃には公開できると思いますので、長生村の合併に賛成の方、迷っている方、反対の方(ようは全ての方だな)は、是非ご覧ください。

 特定政党の行動軌範に根差したプロパガンダなどは排除し、徹底的かつ客観的な情報の提供に努めるつもりです。
「合併とはなにか」「なぜ必要なのか」「メリットは」「デメリットは」「長生村はどうなる」・・・住民の方々としては不安に思うであろう事柄について、可能な限り易しく書いていきます。
posted by 酒井ひろき at 08:39| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合併問題を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

県民政治大学

 千葉県の県民だよりに、こんな記事がありましたのでご紹介します。
政治に興味がある方は、受講されてみてはいかがでしょう?
私も時間が取れるようであれば、是非、受講してみようと思っています。 

 千葉県では、県民の皆さんの政治・選挙への関心を高め、明るい選挙が行われるよう、県民政治大学を開催します。1日単位で受講でき、受講料は無料です。修了証書は、2日以上受講した希望者にのみ交付します。
会場:JR千葉駅6階ペリエホール
定員:各日450名
申込方法:はがき、または各市町村選挙管理委員会や県民センター事務所にある申込用紙に、郵便番号、住所、氏名、年齢、受講希望日、修了証書希望の場合はその旨を書いて郵送
〆切:9月25日(月)当日消印有効
申込・問い合わせ 〒260-8667 千葉県選挙管理委員会 043-223-2142

29日(日)
13:10〜14:30 いのちはみんなつながっている((財)自然環境研究センター研究主幹 千石正一)
14:40〜16:00 小泉政治の功罪(政事評論家 中島勝)
30日(月)
13:00〜14:20 選挙潮流- 変わる日本の有権者 -(明治大学政事顕在学部教授 井田正道)
14:30〜15:50 日本経済の今を考える(千葉大学法経学部教授 野村芳正)
31日(火)
13:00〜14:20 法と家族(弁護士 渥美雅子)
14:30〜15:50 これだけはおぼえておこう(千葉県選挙管理委員会)

posted by 酒井ひろき at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

息抜きしましょう

 カタイ話が続いたので、たまには息抜きに音楽の話でも。
 先だって勝浦の若潮まつりでおこなわれた打ち上げ花火。最後のパート、音楽花火で使われた曲が大好きなものと言うことは書きましたが、タイトルも歌手名も知らなかったわけです。唯一知っていたことは、以前、スバル・レガシーのCMでテノール歌手が歌っていたと言うことだけ。

 若潮まつりで火がついて、調べましたよ。ネット中をw
たまたま、スバル・レガシーのオフィシャル・ブログを見つけたので覗いてみたら、情報ありました

 タイトルは「Time to say goodby」というそうで、歌っているのはアンドレア・ボッチェリとサラ・ブライトマンということが分かりました。どうやらCMは男性パートだけを使っていたようで、本来はデュエットの曲らしいです。さらに調べてみるとこちらのページにサラとアンドレアについての情報が。
 サラは19才の時にミュージカル・キャッツに出演し、その後、キャッツの作者と結婚。24歳でオペラ座の怪人に主演していますが、正式な音楽教育を受けたことが無いようです。そんな事を微塵も感じさせない、素晴らしいのソプラノ歌手です。
 対するアンドレアは12歳で完全失明し、その逆境をはね返すように歌手になったという努力の人。深みのある温かい声の持主です。

 まあ、文章だけではなんとも掴みようのない話なので、実際に聴いてもらうのが手っとり早いですね。初めて聴いたときはイタリアの歌曲かと思ったくらい格調高く美しいメロディーですよ。
こちらがMIDI(電子音・音声無し)で、3分ほどの曲が聴けます>time_to_say_goodbye.mid
こちらではサラの独唱部分の試聴サンプルが聴けます。
あ、あと、若潮まつりのビデオでもエンディングの部分が聴けます(聴きづらいのは御勘弁)

 
下はそのアルバム。思わず買ってしまいました、私(^^;
Time to Say GoodbyeTime to Say Goodbye
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] Time to Say Goodbye
[アーティスト] Sarah BrightmanLondon Symphony Orchestra
[レーベル] Angel Records
[種類] C..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 酒井ひろき at 03:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。