99number90.png九十九里ナンバー実現のため、署名活動を展開しています。趣旨に賛同いただける方、どうぞリンクから署名をお願いします。
http://www.shomei.tv/project-292.html

QRcode.png携帯からはこちらへ。
http://www.shomei.tv/m/project-292.html
左のQRコードを使えば、署名ページに一発で飛べます。

アナタの「1ポチッ」が励みになります。 この記事が「面白い!」という方は、下の政治ブログランキングボタンをポチッとクリックお願いします!!
にほんブログ村 政治ブログへ

2007年09月30日

延期!

 今日も雨。
で、保育所の運動会が来週に延期。
土曜日にできればいけど、日曜日にまで伸びると自治会の秋祭りとバッティングする。

 どちらを優先すべきか・・・それが問題だ。
posted by 酒井ひろき at 17:59| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

また病院探し?

 iza!ニュースから http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/87101/

 昨年11月、切迫早産で新生児集中治療室(NICU)のある病院への搬送が必要とされた東京都荒川区内に住む妊婦(37)が都内十数カ所の病院から受け入れを拒否され、3時間以上にわたって搬送先の病院を探し回っていたことが27日、分かった。同日の都議会一般質問で、共産党の小竹ひろ子都議が明らかにしたもので、妊婦は川崎市内の病院に搬送されたが、5日後に死産した。

 小さな子供を持つ親として、こういう記事は身につまされます。
こんな事件は起きないに越したことはないのですが、病院や救急、自治体や国を叩くだけで解決するのでしょうか?

 どんなときにも、どんな患者でも受け入れる体制があれば良い。そんなことは誰だって考えます。
でも、批判覚悟で書けば、切迫流産の恐れが出るほどの時期になるまで妊娠に気づかなかったはずはありませんし、本来であれば、妊娠を自覚した時点でかかりつけの産婦人科を決めるのが当然では?と思います。

 かかりつけの産婦人科でも入院拒否されたのでしょうか?
 かかりつけ医を持てない、やむにやまれぬ事情があったのでしょうか?

 かかりつけの病院が対処を拒否したとすれば、それは重大な責任放棄と責められるべきです。
 しかし、拒否されたのではないとすれば、たらい回しにした病院を責めることでも、医療過疎を放置した行政を責めることでもこの手の問題は解決することはなく、本質はもっと別のところにあるのではないでしょうか。

 マスコミなどは版で押したように病院や医療体制の不備を責めたてますが、指摘する部分がなにかずれている様な気がしてなりません。

 ※この問題については、女性からのご意見をいただければ幸いです(もちろん男性も可)
posted by 酒井ひろき at 11:26| 千葉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民宿組合反省会

 村内の宿泊施設を経営する方たちで構成する、民宿組合の反省会が昨夜ありました。
観光協会長という立場でオブザーバー的に出席させていただきました。

 7月の悪天候に続いて8月は天候にこそ恵まれたものの、さまざまな要因から入れ込み客数は昨年に引き続き減少。
何度も書いていますが、海:海の家:民宿という村内の観光のあり方そのものを考え直す岐路に来ているのかもしれません。

 落ち込んだ観光客数を飛躍的に増大させる一攫千金の方策などあるはずもなく、予算のない協会としては大した力になれないことが心苦しいです。
posted by 酒井ひろき at 09:47| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

白子町商工会主催ゴルフコンペ

 はじめに言っておきますが、成績は訊かないように。

 北川大介コンサートの余韻も残る昨日は、白子町商工会の工業部会が主催する懇親ゴルフコンペに参加。
議員や観光協会長や商工会の副会長などをやっていると、こういうお付き合いが増えるのはいたしかたないところ。
レジャー破産しないように気をつけないと・・・

 朝は曇りで天気が心配だったのですがスタート時間には見事に晴れて、秋の爽やかな風が吹く中ゴルフを楽しんできました。以前はゴルフコンペなんていうと気分が重くなったのですが、最近はさすがに楽しむ精神的余裕が出てきたのはうれしい限りです。だって、せっかく金払って出かけるのに、落ち込んでたんじゃ損じゃないですかw

 さて、今夜は民宿組合の夏の反省会に出席です。
posted by 酒井ひろき at 09:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盛況に終わったコンサート

SANY0057.JPG 写真の整理やらで報告が遅れましたが、先だっておこなわれた長生村ハマヒルガオを育てる会(会長:高瀬美智子 副会長:私)主催の「北川大介コンサート」は大変な盛況のうちに終えることができました。私の知る限り、いままでこんなに盛り上がったコンサートイベントはないのではないでしょうか?

 北川さんもともと村内のダイナミックゴルフという練習場でレッスンプロをしていたこともあり、会の趣旨に賛同してくださって、とても熱心にイベントを盛り上げてくれました。
こんな小さなコンサートなのに一切手を抜かず、2時間近い持ち時間を全力で歌い、語り、観客を楽しませる姿はまさにプロ。個人的には来年もお招きして、再度じっくり見てみたいものです。

SANY0084.JPG 二部構成でおこなったコンサートの途中にはマネージャーさんの物まねショーがあったのですが、これも単なる時間稼ぎなどではなくてムチャクチャ面白かったですよ。これならお年寄りから子供まで楽しめるはずです。
全部で3時間近いステージは「あっ!」っというまに終わってしまいましたが、3000円でここまで楽しめたのですから絶対にお得!今回見逃した方は、損しましたよ〜w

SANY0089.JPG 肝心のチャリティーの方も村のいなさ太鼓の会のお嬢さんたちの協力により、会場からたくさんの募金が集まりました。これで来年も苗を植えることができるでしょう。
今後は会の趣旨に賛同してくださる方を村内に広めるために、より積極的な運動をおこなっていくつもりです。

 最後になりますが、このイベントのために協力してくださったボランティアのみなさんと北川大介さん&マネージャーさんに感謝申し上げます。
posted by 酒井ひろき at 09:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハマヒルガオ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

開演間近

img229.jpg いよいよ本番、ハマヒルガオチャリティーコンサート。
開演間近です。

 観光協会町として、最後に締めの挨拶しろといわれてドキドキです。
posted by 酒井ひろき at 11:14| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハマヒルガオ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

長生高等技術専門学校の現状とその後

 議会が終わって後、議会全員協議会が催され、長生村内にある高等技術専門学校について執行部から説明があり意見を求められました。
端折っていってしまうと、平成20年度までは生徒募集をおこなうが、21年度からは東金にある同様の学校と統合されるということで、長生村議会の意見を求めるということでした。要するに廃校になるということです。
近年の入学希望者の激減で、現在の生徒数は21名とか。科目の問題もあるらしく、人気のある科目が県内他校にあるので、こちらの生徒数が増えないそうです。

 はじめの執行部の説明では、廃校は既定路線、その後の活用計画も県にはなく、村に何か使う予定はあるのか?という問い合わせが来たようです。さまざまな意見が出たのですが、途中から村長の説明があり「執行部だけの独断で決めるのはいかがかと思う。議会の意見として廃校を認めるのか存続を要望するのか意見をまとめてほしい」とのこと。
駅から歩いて至近距離にあるこの学校の土地は、もともとは村の土地を県に無償譲渡したものらしいのですが、そういわれたら、無償であげたものなのだから無償で返してほしいというのが人情ですよね。

 ここでまた意見が出されたのですが、私としては1つだけ腑に落ちないことがあったので村長に次のような質問をしました。
「では、仮に議会が全員一致で存続を要望したとき、県にはそれを受け入れる用意があるのですか?廃校が既定路線であり、県に受け入れる意思がないなら、これ以上意見も議論も時間の無駄ではないですか?」

 回答は次のとおり。「そういわれても相手のある話で、私としても答えようがない」

 あのね、全員協議会に諮る前に、それを交渉・確認しておくのが村長の仕事ではないですか。無償で返還してくれるように県と交渉するのが村長の仕事ではないですか。われわれ議員にはそんな交渉権限はありませんし、ましてや執行部課長クラスにはないをかいわんやです。
いくら意見を出したところで、相手のある話ということで受け入れられないのでは、まったく時間の無駄。まして、後になって「議員が存続に反対した」なんて責任転嫁されても困りますのでこの場はお開きとして、執行部には「より詳細な情報が提示されるまでは議会としての対応のしようがない」という意見を伝えました。
自分で決断ができないのでは、そもそも村長としての資質に  んfがrgあwrgwj4;t wegoc .sdg \e\g QE\;qJ富士子

 私としては村の出費は最低限に抑えて、村にきちんと税金が落ちて、地域の事業者も潤い、雇用が創出されるアイデアがあるのですが、それはもうしばらく仕舞っておきましょう。
posted by 酒井ひろき at 19:33| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライン引き

 いよいよ明日に迫った「長生村ハマヒルガオを育てる会」主催の北川大介コンサートが長生村文化会館でおこなわれます。
今日は下準備で駐車場のライン引きをしてきました。

 まだ2階席が若干余っていて当日券での入場も可能ですので、ぜひこの機会にお越しください。
posted by 酒井ひろき at 10:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

請願について

 請願は「稲作農家に勤労者並みの労賃と再生産を確保するために"二万円米価"を保障する制度確立を求める請願」という件名で、要旨は「国の責任で1票2万円に米価を支える制度を確立し、食料自給率を向上させるよう、議会の総意として国に意見書を提出してください」というものでした。請願者は全日本年金者組合 千葉県本部茂原支局 執行委員長大谷氏、請願紹介議員は共産党・関議員と新社会党山口議員の二名です。

 私は請願の趣旨に賛同できなかったので、挙手しませんでした。
稲作農家のために米価を固定するというのは一見美しく聞こえますが、結果として消費者は高い米を買わされることになり、低所得者に大きな負担をかけることになります。日ごろ低所得者保護を声高に主張する共産党の議員さんが、このような請願の紹介議員となったことに非常に驚きを覚えます。
また、固定してしまえば、生産者の自助努力による生産性の向上や効率的な農業運営を無駄にすることにもなります。

 この請願が提出されるほんの数日前に読んだ記事があたまに残っていたこともあると思います。
NIKKEI BUISINESS Online
「農家切り捨て論のウソ - 小手先の保護政策が日本の農業を"自壊"に導く -」
冒頭から農業に対する過去のイメージをばっさりと切ってしまう内容で、私のような農業素人にもわかりやすい内容でした。

posted by 酒井ひろき at 13:30| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一般質問

 議会では議員が執行部(役場)側に質問をする権利があります。これを「一般質問」と呼び(じゃあ、"特別質問"ってなによ?と訊かれるとアレですが・・・こんど調べときます)、前回はお休みしてしまいましたが、今回の議会でもおこないました。
質問は事前に執行部に対して「通告書」という形で提出しておきます。いくら行政のプロとはいえ、その場でいきなり質問されても返答に時間がかかりますし、円滑な議事進行のためにこういう形をとっているそうです。

 質問は大きく分けて4点。

 質問事項 質問要旨
 村内住宅の耐震検査補助について 耐震検査等に必要な費用に対しての補助制度について伺います。
また、既存住居者・新規入居者に対する、村内検査・施工業者の斡旋について伺います。
 合併協議会における村長と委員の職務放棄について @8月10日の合併協議会冒頭での離脱宣言に続く退出は、協議会副会長ならびに行政の長としての職務放棄であり、委員の退出について村長の任命責任について伺います。
A職務中、他町議会を傍聴した件について伺います。
 一部事務組合の問題について 合併協議会からの離脱宣言をするにあたり、住民生活に直接的影響のある一部事務組合の問題に対してどのような配慮があったのか伺います。
 合併問題について 住民アンケート結果の読み取り方に問題があると考えられます。
住民の意識は「一村での孤立は求めていない」と読み取れますが、村の見解を伺います。


 質問にあたっては、次のような原稿を作りました。

村内住宅の耐震検査補助について
 日本は自他共に認める、世界でも有数の地震大国です。
 8月18日に最大震度を記録した千葉県・東方沖地震の記憶も新しいところですが、平成19年7月16日に起きた新潟県中越地震は死者11人、重軽傷者1984人、家屋被害39049件という大きな被害をもたらし、この内、家屋被害は全壊1088、大規模半壊610、半壊3191、一部損壊34160にのぼりました。

 これに対して新潟県では「住宅の建て替えに係る解体・撤去及び整地に要する費用」等の名目で限度額37.5万円〜200万円の範囲で住民への支援をおこなっています。また、もっとも被害の大きかったといわれる柏崎市では、住民に対して固定資産税・償却資産の課税標準額軽減などの支援策を打ち出しています。
このこと自体は大変素晴らしいことだと思うのですが、これは別の視点で見たときには「災害が起きた後の支援は、自治体の歳出を大きく膨らませる」という当然の結果が表れています。

 少し話しは逸れますが安全対策を考える上での例として、自動車の話を引き合いにさせていただきます。
自動車が開発されるときには、安全に対する2つの考え方が必ず盛り込まれます。
1つはパッシブ・セーフティ(受動的安全)と呼ばれるもので、事故が起きた後に乗員の安全を確保するもの。代表的なものとしてシートベルトやエアバッグなどがあります。
もう1つはアクティブ・セーフティ(能動的安全)と呼ばれるもので、「事故が起きないように事前に策を講じる」という考え方です。これには車輪のロックを防止するアンチロックブレーキなどが普及しています。
今、自治体に求められているのは、このアクティブ・セーフティという考え方ではないでしょうか。

 人道的な意味からも被災後の支援が大切なことはいうまでもありません。
しかし、自治体の財政状況が厳しい折、被災後に大きく膨らむであろう歳出をできるだけ小さく抑えるためにも、アクティブ・セーフティの考え方を取り入れ、耐震診断などに対する積極的な事前支援をおこなうことは、東方沖地震の直接的被害を被るおそれのある自治体である長生村にこそ必要であると私は考えます。
大きな地震で被災する前に耐震診断をおこない必要な処置を講じることで、全壊が半壊に、半壊が一部損壊に、一部損壊は被害なしにすることができれば、被災後の村の支出は大きく削減でき、早期の復旧に寄与することは想像に難くありません。

 そこでお尋ねいたします。
 現在、村には村内住宅の耐震診断に対する補助制度はありますか?もしないとすれば、今後制度策定の予定はありますか?

 また、住民の方が「すべて自腹でもいいから耐震診断を受けたい、または、耐震補強をおこないたい」と考えたとき、村では村内事業者を紹介・斡旋する体制はあるのでしょうか?

合併協議会における村長と委員の職務放棄について
 8月10日の合併協議会冒頭での離脱宣言に続く退出は、協議会副会長ならびに行政の長としての重大な職務放棄であることは、8月22日まで協議が継続し、今現在も、休会とはいえ解散せずに存続していることからも明らかです。
また、同じく10日に退出した委員についても同様で、議会との会議の席上で佐瀬委員を強く推薦した村長には任命責任があるのではないかと思うのですが、この点に費え伺います。
二つ目は8月20日に他町議会を傍聴していた件についてです。
この傍聴は公務としておこなわれたものなのでしょうか。それとも休暇をとられてのことでしょうか。

一部事務組合の問題について
 長生村は8月10日の協議会冒頭において合併協議会離脱を宣言したわけですが、そのとき村長は一部事務組合に関してどのような配慮をされたのか。つまり、組合自体の存続または解散について、存続した場合の負担金の割合や広域議会議員の割り当て、解散した場合の既存財産の帰属などについてです。
これらについて事前に十分協議し、村民が不利益を被らないような手立てを尽くした上での協議会離脱宣言であったのか伺います。

合併問題について
 長生群市合併に関する住民アンケートの結果では「合併反対」という回答が65%以上を占めたということですが、今回のアンケートは議会からの「合併に関する住民の多様な意見を吸い上げ、参考意見にするべきである」という意見は採り入れられず、また、議会との十分な協議も整わないままにおこなわれたものであり、この点だけをとらえてもそのあり方に問題があると考えます。また、法にのっとっておこなわれた住民発議により参加した合併協議会を単なるアンケートを基に離脱することは、この村の主人公である住民を無視し、馬鹿にした行為であると私は考えます。
 このグラフは(グラフ示す)村がおこなった住民アンケートの最後の欄である「自由記入欄」1,733件を独自に分類したものです。
村が公表したアンケート結果にはこの部分の分類結果はありませんでしたが、ここからは住民の意見の中には合併に反対か賛成かという二者択一では計り知れない多様な意見が見て取れ、ここでは「海岸手3町村なら賛成」や「長生群市一体という枠組みがいやだから反対」「もっと時間をかけて議論を尽くすべきだから、4月1日の合併期日には反対」といったものが半数以上を占めています。つまり回答者の多くの意見は「単なる合併反対」ではなく、ましてや「自立を選択した」わけではないのです。このような結果が読みとれるにも関わらず、住民の声を無視し、独善的に合併協議会を離脱した村長の見解を伺います。

続きを読んでみる
posted by 酒井ひろき at 13:24| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3回議会定例会

 二日間の日程でおこなわれた議会が終了しました。
内容は以下のようなものです。

認定第1号 平成18年度長生村一般会計歳入歳出決算の認定について
認定第2号 平成18年度長生村国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第3号 平成18年度長生村老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第4号 平成18年度長生村長生村公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
認定第5号 平成18年度長生村介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について

議案第1号 政治倫理の確立のための長生村長の資産等の公開に関する条例の一部を改正するための条例制定について
議案第2号 政治倫理の確立のための長生村長の資産等の公開に関する条例及び長生村手数料徴収条例の一部を改正する条例制定について
議案第3号 長生村個人情報保護条例の一部を改正する条例制定について
議案第4号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について
議案第5号 工事請負契約の締結について
議案第6号 工事請負契約の締結について
議案第7号 平成19年度長生村一般会計補正予算(第3号)
議案第8号 平成19年度長生村公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
議案第9号 平成19年度長生村介護保険特別会計補正予算(第1号)

一般質問

他に請願1件、陳情4件でした。

 認定案件に関しては決算審査特別委員会に付託され処理されることになり、議案に関しては、今回は上位法(国や県の法律や条例)が変更されたことに伴う長生村条例の文言変更や、補正予算の審議(といったって、可決しなきゃ事業ができないし、特に問題視するべき部分もなかったので、あっさり可決)でしたので、スムースに進行しました。
※議員からはいくつかの質問が出されましたが、ここでは割愛します。

posted by 酒井ひろき at 12:41| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

今日は一般質問

 9月も中過ぎだというのにVive!夏休みという雰囲気の朝ですが、今日は私の一般質問の日。

 何度やっても慣れることはなく、今から緊張しまくり千代子ですが、4点の質問をしてきます。
詳細は明日にでもアップできると思います。

 とにかく行ってきます!
posted by 酒井ひろき at 08:32| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

内閣府「地域の人材育成勉強会」

img228.jpg 昨日は虎ノ門にある内閣官房地域再生推進室でおこなわれた「地域の人材育成勉強会」というものに参加。
埼玉県秩父市長・栗原稔氏をお迎えして、氏が市長就任後におこなった市役所の改革とそこでおこなわれた人材を育成する手法などについてお話いただきました。

 非常にアイデア豊富な方で、ここでは書ききれないくらいのものです。失礼ながら、市長というよりもやり手の実業家というのが私の受けた印象です。

 少しだけアイデアの一端を書くと、予算の配分を自治会レベルまで考慮に入れて編成するなど、その手法は斬新かつ実効性にとんだものでした。

 また、今回の講演内容とは直接関係はありませんが、合併した秩父市が財政的に奇跡的な回復を見せたのとは対象的に、合併しなかった近隣町村の交付税は減額され財政状況が芳しくないというお話は、思わずわが身を重ね合わせて聞き入ってしまいます。

 勉強会の後の恒例懇親会では、いつものごとく新しい出会いに満ちたエキサイティングな時間を過ごさせていただきました。

 あらためて関係者の方々にお礼申し上げます。

※ 余談ですが、会が始まる前に空腹をごまかすために飛び込んだ蕎麦屋さんで食した冷やし狸蕎麦は、まさに「これぞ狸蕎麦」と主張しているような、余計な具はほとんどなし(天カス以外には焼き蒲鉾二切れ、ワカメ少々、薬味のネギのみ)の天カス山盛りのヤツで、蕎麦・つゆともにアタシ好みのものでしたことをご報告申し上げます。
posted by 酒井ひろき at 18:39| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さぁ〜て

 今日から始まる議会定例会で使う、一般質問の原稿書きあがり!
今回の質問者は合計8名。私は後ろから二番目なので、順番が来るのは明日(21日)になるかもしれません。

 では、がんばって一眠りいって来ます!!・・・(-_-)zzz
posted by 酒井ひろき at 05:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

「消費税を上げるな」

- 甘えを温存する財政出動では地域間格差は解消できない - というサブタイトルがついたNIKKEI BP Online記事を軽い眩暈を覚えながら読みました。
上のリンクからたどると、もしかするとIDだのパスワードだの聞かれるかもしれません。そのときはごめんなさい。

 インタビュー形式で書かれた記事には、埼玉県・志木市の市長・穂坂邦夫氏の発言が掲載されています。

 その中で、地方格差の問題については「国の財政支出では格差の根本的解決はできない」とし、「消費税を上げるな」といいながら(共産党の金看板でも持ち出したかと思いましたよ)、その理由として「地方の歳出削減努力の出鼻をくじく」からとしている点や、「過剰な地方交付税は地方の甘えの温床」を指摘しながら「国の歳出抑制は簡単」「地方への権限・財源移譲が不可欠」とするバランス感覚のある考え方に敬服すると同時に、自治体が自主自立をするための覚悟のできた方だとお見受けしました。こういう方と一度ひざを交えてお話してみたいものです。

一読の価値ありです。

 どこかのだれかに爪の垢でも煎じて飲ませてさしあげたいです。
posted by 酒井ひろき at 11:22| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

長生・海を歩こう大会の下見

 午前中に海岸清掃で海を歩いてきたというのに、午後はまた海岸を歩いてきましたよ・・・orz

 10月8日におこなわれる「第2回 長生・海を歩こう大会」の会場(海岸)の下見のために、ウチの若旦那を連れて歩いてきました。
※大会の詳細はこちら

 9月といってもこちらは真夏。立派に海水浴ができるような日差しの下をテクテクテクテク・・・2Kmくらい歩いたかな?
朝とあわせると軽く5Kmは歩いているでしょう。さすがに疲れた^^;

 写真撮る元気はありませんでしたので、これでおしまい。

 さぁ〜て、20日から始まる定例議会の一般質問原稿作らなくっちゃ・・・
posted by 酒井ひろき at 15:49| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

seesaa動画変換プログラムのバグ?

 普段のブログとはぜんぜん関係ないんですが、気になることがあるので書いておきます。
下の動画はSANYO Xacti CA65のWebHQモードで撮影したMP4ファイルをそのままアップロードして張り付けたもの。
画面がグレーアウトして、見ることができないと思います。

 次は同じファイルをAdobe Premiere Elements 3.0でWMV形式に変換して張り付けたもの。
こちらは正常に見られます。

 上のMP4ファイルはmixi動画にアップしてみると正常に見ることができることから、これはseesaaの動画変換プログラムに問題があるのではないかと推測できます。

参考までに当方のPC環境は
OS:Windows XP Home Edition SP2
CPU:Celeron M 1.4GHz
メモリ:1.21GB


 このブログがseesaa管理者の目に留まり、改善されると良いのですが・・・
posted by 酒井ひろき at 11:52| 千葉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九十九里クリーンデー


 九十九里クリーン対策協議会というのがあって、今日は海岸の清掃活動。
台風の影響で漂着物も多く、仕事のし甲斐がありましたよ。

 いつも心がけているのは、ガラスと鉄片(くぎなど)のゴミを拾うこと。これをターゲットに拾っています。
自分の子供や孫が安心して裸足で歩けない海岸なんて御免ですからね。
そんなつもりで歩いていたのですが、これらのゴミは年々減ってきているような気がします。海に来る人たちの意識が上向いてきたと良心的に解釈することもできますが、むしろ実態は海に来る人が減ってきたというのが現実ではないでしょうか?
まあ、理由はともかくゴミが減ってくれればいいのですから、喜ぶべきかもしれませんね。

 参加されたボランティアのみなさん、暑い中ご苦労様でした!

 ところで、先の台風9号の影響も気になるので歩きながら浜崖を見てみると、夏前には人が歩けた(本当はクルマが通行できる)村道は見事に崩落。幅30cmほどにまで狭まっていて、とても人が歩ける状況ではありません。高さ3〜4mほどの崖ですから、落ちれば「痛い」では済まないでしょう。

 九州の指宿では海岸侵食で、以前私もいったことのある海水浴場が消えてなくなったとか・・・来年、海水浴場開設できるのかな?
posted by 酒井ひろき at 11:14| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

ツール・ド・ちば2007

img227.jpg 昨年もおこなわれた千葉日報社主催の「ツール・ド・ちば2007」のお手伝いをしてきました。
朝8:30ころから参加者が通過する交差点での立哨です。

 今回の参加者はなんと896名!来年は1000名になろうかという勢いです。
思い思いの自転車で自然の中を走るってのは気持ち良いものですよね。高校時代はサイクリング同好会なんてのに入ってロードレーサーで片道150Kmくらいは平気で走っていたのでこの辺は良くわかるのですが、今となっては1.5Kmでアゴがでます^^;
(体力1/100?)

 3日間かけておこなわれるイベントは、各行程1日だけでも参加可能なので、来年当たりは参加してみたいな・・・なんて思ってもいます(思うだけなら誰でもできますがw)

 とにかく事故なく明日の最終日を終えることを祈ります。
posted by 酒井ひろき at 10:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

長生村ハマヒルガオを育てる会チャリティーコンサート

 農業体験ツアーに先立って、長生村ハマヒルガオを育てる会では、9月24日に長生村文化会館にてチャリティーコンサートをおこないます。
参考

kitagawa-daisuke.jpg お招きするのは北川大介さん。「想い出はマロニエ」などのヒットで知られるおば様キラーの実力派アイドル。

 まだ少しですがチケットがあります。
できるだけたくさんの方にお越しいただき、海岸をハマヒルガオで埋め尽くす活動にご協力いただければ幸いです。
posted by 酒井ひろき at 21:30| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハマヒルガオ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。