99number90.png九十九里ナンバー実現のため、署名活動を展開しています。趣旨に賛同いただける方、どうぞリンクから署名をお願いします。
http://www.shomei.tv/project-292.html

QRcode.png携帯からはこちらへ。
http://www.shomei.tv/m/project-292.html
左のQRコードを使えば、署名ページに一発で飛べます。

アナタの「1ポチッ」が励みになります。 この記事が「面白い!」という方は、下の政治ブログランキングボタンをポチッとクリックお願いします!!
にほんブログ村 政治ブログへ

2007年12月26日

日当制

ニュースから 元記事はこちら>>http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071225i515.htm?from=main5

新聞サイトの記事はすぐに消えちゃうので、失礼とは思うけど全文引用させていただきます。

福島・矢祭町、議員報酬「日当制」に…活動分だけ支給
 2001年に「合併しない宣言」を出した福島県矢祭町議会が、25日に開かれた特別調査委員会で、議員報酬の日当制を導入する方針を決めた。
 28日の臨時議会で改正条例案が可決される見通し。全国町村議会議長会では「議員報酬の日当制は聞いたことがない」としている。
 同議会では「実費支給のため透明度が高く、議員の活動状況も分かりやすい上、金目当てで議員になる人もいなくなる」として、日当制導入を検討する特別調査委員会を設置していた。
 現在、町議の報酬は月額20万8000円で、期末手当を含めると、年額約329万円。これを日当3万円とし、期末手当も廃止する。定例会や臨時議会、公式行事など年間30日の議員活動をした場合、報酬は年額90万円になる。全体では年間約2500万円の削減が見込まれる。現議員の任期満了翌日の来年3月31日から適用される予定。
 同町議会では、02年に議員定数を18から10に減らしたほか、議員の政務調査費もなく、自宅から議会への交通費も03年度に廃止している。
(2007年12月25日23時9分  読売新聞)

 これは議会がおこなうギャンブルですね。
ウマくいけばもうけものですが、とてつもないハイリスクだとワタクシ的には思いますよ。

・ 任期後の立候補者は出てくるのか?
・ このカネで、新しい議員さんはどんな政治活動をするのか(できるのか)?
・ どうやって、日常的に議員としての資質を高める努力ができるのか?
・ もらったカネ以外のことはしなくても、本当に良いのか?

 今、パッと思いついただけでもこれくらいの疑問点が挙げられますが、一番怖いのは、こういうことをすると「カネとヒマを持て余した年寄り」ばかりの議会になってしまう可能性が非常に高いことです。
だって、とてもじゃないけど、自分の住む地域のために必死になって活動しようという若い人が打ち込むことのできる環境ではないでしょう。
そうなると、あくまでも可能性の話ですが、執行部(役場側)の出してきた議案を「ハイハイハイハイ・・・」と、ろくな調査も検討もせずに可決するだけの、片手間議員が集う提灯議会が出来上がらないかという不安があります。
チェック機関(議会)が機能不全に陥って破綻した夕張の二の舞にならなければよいのですが・・・

 まあ、よそ様の議会&自治体の話だから、どうでも良いといえば良いのですが、来年3月以降を興味深く見守りたいので備忘録として書いておきます。

 参考までに、ウチの議会は議員数16人(個人的には10人で十分)。報酬は年間、約420万円。
自分の生業をほとんどストップして議員活動していることに自負と誇りを持っているので、私は堂々といただいています。

 ちなみに、政務調査費は月額3000円。議会に出席するための交通費なんて当然無し。臨時召集されたときの費用弁償ももちろんありません。

posted by 酒井ひろき at 00:57| 千葉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

セミナー終えて

 内閣府が主催するセミナーを終えての感想は、一言で言ってしまえば「どこも同じ悩み」ということ。

 特にビックリしたのは、日頃マスコミや一部政党が「都市と地方の格差」を声高に言うけれども、実は都市部も地方と同じ問題を抱え、解消のために懸命な努力をしているということです。
自分の住む狭い地域のことにしか目を向けないと、とかく被害者意識が強くなるようですが、自分たちだけではなく、大変なのはお互い様なわけ。
むしろ人口規模の大きさに比例して人材も豊かな都市部は、その人的資源を活用したダイナミックな努力をおこなっています。

 地方が苦しいのは都市や大企業が搾取しているからだ、などという戯言を言っている暇があるなら、起死回生の具体的なプランでも示してもらいたいものです。

-----------------
sent from W-ZERO3
posted by 酒井ひろき at 15:32| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方発地域経済建て直しセミナー

というのに参加するために、大手町にいます。
はてさて、鬼がでるやら蛇がでるやら・・・じゃなくて、どんな勉強ができるやら。

議員だってがんばっているのだから、首長さんももっと勉強してもらわないとね。

それにしても、都内は分煙が徹底しているのか、路上といわず喫煙者が一人も見あたりません。まして、たばこの吸い殻なんて一つもなし!昔(というと大げさだけど)の東京を知る身としては、びっくりですよ。愛煙家のワタクシ的には生きづらいですが、田舎もこういうところは見習わないとイカンですかね。反省。

-----------------
sent from W-ZERO3
posted by 酒井ひろき at 12:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。