99number90.png九十九里ナンバー実現のため、署名活動を展開しています。趣旨に賛同いただける方、どうぞリンクから署名をお願いします。
http://www.shomei.tv/project-292.html

QRcode.png携帯からはこちらへ。
http://www.shomei.tv/m/project-292.html
左のQRコードを使えば、署名ページに一発で飛べます。

アナタの「1ポチッ」が励みになります。 この記事が「面白い!」という方は、下の政治ブログランキングボタンをポチッとクリックお願いします!!
にほんブログ村 政治ブログへ

2008年05月31日

中学校視察のはしご

SANY1528.JPG 金曜日に県内中学校の視察に行ってきました。
長生中学校の建て替えを控える村では建設準備委員会が設立され、私もそのメンバーになっているのですが、その委員会と職員さんたちで県内中学校の視察はしごをしてきたわけです。

 おじゃました学校は「旭市海上中学校」「横芝光町光中学校」「長南町長南中学校」の三校で、それぞれ特色のある校舎となっていて、とても参考になりました。
おせわになった学校と関係者の皆さまには、この場を借りてお礼申し上げます。

 三校とも地域性や財政的背景が違うので、それをそのまま我が村に当てはめることはできないのですが、建設前に留意したことと建設後に気がついたことなどを伺うことで、私たちの作ろうとしている学校はより良いものになるはずです。
私は特に「パソコンルームと図書室の関係」「安全性」「施設の総合的な費用対効果」に注意しながら見学してきました。目から鱗の落ちるような部分もあれば、「?」と考えさせられる部分もあったり、個人的にも勉強になったですね。

 せっかくカメラを持って行ったのに、はじめの海上中学校を撮影している最中にバッテリー切れするという失態をしてしまい、写真が満足に撮れなかったことが悔やまれます(^^;
posted by 酒井ひろき at 08:36| 千葉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

平成20年度観光協会総会

 先ほど総会を終えて帰ってきたところです。
今年も大きな問題もなく、スムースな総会がおこなえたことを関係各位に感謝いたします。
また、総会の中では村の観光に関するご意見やアドバイスがいただけたことも収穫でした。

 それにしてもウチの観光協会は予算が少ない・・・orz
カネを使った企画だけが良いわけではないけれども、カネがなければ大した事業が出来ないのも事実。
なにかのイベントを企画しても、お手伝いに来てくれた方々へのお茶や弁当代さえ賄えるかどうか・・・というレベルではシビレちゃいます。

 やはりここは一つ、なにか収益事業をやらないとダメですかね?
村からの補助金だけを頼りにしていても申し訳ないし、事実上、新規事業は無理なのが現状ですから、自分たちで稼いで次の事業へカネを投資する・・・というサイクルを作り上げないとならないのかも知れません。

 でも、あくまでも公的機関がやることですから、「汚く稼いで綺麗に使う」というのはマズイですよね。
イヤ、私が日常的にやっているとか、そういう問題ではなくて・・・(笑)
私なりに、少しこの線で無い知恵を絞ってみましょう。

 一つ気がついたのは「会長交際費」というものの存在。
年間わずかな金額で、そのほとんどはおつきあいしている他の観光協会へ祝儀としてお渡しするのですが、年に3〜4万円ほどの余剰金が出ています。これを有効に使って村への来客を増加させるための活動費にさせていただきましょう(まあ、ほとんどは自腹を切ることになるのでしょうけど)


 う〜ん、なんか・・・これって自治体の運営と似ているな(・_・)
posted by 酒井ひろき at 18:37| 千葉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏サイトチェッカー

http://schecker.jp/

「学校裏サイト」に特化した検索サイト「学校裏チェッカー」開設


 サイブリッジは、いじめの温床となっているとの指摘のある「学校裏サイト」に特化した検索サイト「学校裏チェッカー」の運用を開始した。各学校裏サイトをエリア、学校別に検索することができる。

 「学校裏チェッカー」は、全国3万8000件近くあると言われている小学校、中学校、高校の各学校裏サイトをエリア、学校別に検索することができる“学校裏サイト特化型”の検索サービス。通常の検索エンジンでは発見できない学校ごとの裏サイトを、ユーザーからの申請によって掲載していく。掲載されている学校裏サイトは、認証などの閲覧制限の有無やPC/ケータイ端末からのアクセスの可否などの情報も合わせて掲載されている。また、「学校裏サイトチェッカー」内で閲覧数の多い学校を掲載する「学校裏サイトクリックランキング」なども用意されている。

 仲間内での誹謗中傷などで教育問題に発展している学校裏サイトを、各学校の学生や父兄、誰もが簡単に検索・閲覧できるようにすることで、学内、学外のトラブルを抑える手助けをしていくのがねらい。社内外の有志で組織されたチェッカーズと呼ばれる学校裏サイトのチェックボランティアスタッフと協力しながら年内には3万件の学校裏サイトの掲載を目指している。
(yahooニュースから)

 これ以上、子どもの被害を出さないためにも親や学校はここを頻繁にチェックして、未然に防いでいくことが大切になりましたね。

 今日現在では、村内の小中学校に関する裏サイト情報の登録は無いようです・・・一安心。
ついでに私の出身校も調べてみたら、無かったです。
ただし、これは言葉は悪いですが「密告制」なので、裏サイトを発見した誰かが登録しない限り表面化しないようです。

 考えようによっては、裏サイトがより深く、より陰湿になるトリガーになりそうで、恐ろしい気もしますが・・・

posted by 酒井ひろき at 14:40| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

保育参観

080527-104518.jpg 午前中、娘の通う保育園で保育参観がありました。仕事を持つ奥様は「10時までしかいられない・・・orz」ということなので、私も同行してお昼まで遊んできました。

 息子も通った保育所なので、勝手知ったるなんとやら。顔なじみの先生方とお話したり、子供と遊んだりと、楽しい時間です。

 ここに通うようになって一ヶ月と半分くらいの娘は、すっかり馴染んでいるし言葉も豊富に出てくるようになり、親としては一安心ですね。

 保育所や幼稚園というモノは今、幼保一元化など、過渡期にさしかかっているように思えます。昔の厚生省と文部省という縦割り行政のなかで生まれたシステムは、多様化した現代の生活パターンに追いついてきていません。

 一元化には越えなければならないハードルがいくつもあるようですが、国もある程度はチカラを入れているようなので、きっと上手くいくことでしょう。
私たち親の立場から言えば、そこを管轄する省庁が文科省か厚労省かなんてことはどーでもいい話なんですから、さっさとやっていただきたいモノです。

 個人的には幼保一元化・小中一貫教育とそれらへの学童保育の組み込み・・・ここまでやっていただきたいと思っています。

 今のシステムは無駄が多すぎます。
何度も書きますが、無駄は徹底して省き、浮いた予算と人員を本当に必要とされるところに潤沢に配置することが求められているのではないでしょうか。
posted by 酒井ひろき at 22:08| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴミゼロ運動

 そうそう、還暦祝いは日曜日のことで、その日は朝から村中でおこなわれたゴミゼロ運動に参加していました。その後は、海の家組合の反省会がおこなわれました。
私は観光協会長ということで、海の家組合の方たちと一緒に海岸のゴミを拾って歩いてきたのですが、昨年までとちょっと違ったことに気がつきました。

 海岸清掃の時、私は特にガラスの破片と鋭い金属片に注意しながら歩いています。昨年までは年を追うごとにこれらのゴミが減ってきていたのですが、今年は急に増えていました。
近くの川から流れてきた分を差し引いても、ちょっと多いように思えます。

 貝殻や流木はいつかなくなる可能性もあるし、また、自然の営みの中で起こることですから防ぎようもなく、ある程度は諦めてもいるし容認もしています。しかし、ガラスや金属片は人為的なゴミであり、私的には最も腹の立つゴミなのです。



 だれもが安心して歩ける砂浜を取り戻すために私も含めて人間にできることは「捨てない」ことだけです。

 あなたの大切な人、子供や孫や恋人の足に、こんなモノが突き刺さったらと想像してみてください。
そんなのイヤでしょう?

 ならば今日からは捨てないでください。
人間にはそれしかできないけど、それだけで充分なのです。
posted by 酒井ひろき at 02:02| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

還暦祝い

080525-180934.jpg もちろん私のじゃありません。
 村の中で活発な活動をおこなっている「怒濤いなさ太鼓」の会長Uさんの還暦祝いを会が催し、お招きをいただき私も参加させていただきました。

 Uさんは個人的にもよくお話をする機会はあったのですが、太鼓の会がどのような経緯で設立され、どのような活動をおこなってきたのか・・・この辺のことは余り知らずにいたのですが、席上紹介されたその内容は、心底アタマの下がる思いがしました。
ここではその内容をくどくど書きはしませんが、ちょっと普通ではできないような内容です。現代版の篤志家といっても大袈裟ではないでしょう。

 外が涼しくなる頃には、会の子供たちがお祝いの太鼓を打ち鳴らしたり、お母さんたちがハンドベルを演奏したりと、にぎやかに時間が過ぎていきます。

 美味しいお酒とご馳走をたっぷりと頂き、とても良い気分で帰宅しました。
良い気分になれたのは、お酒のせいだけではないことは言うまでもありません。

 次の還暦祝いにもお招きいただけることを楽しみにしています(笑
posted by 酒井ひろき at 01:40| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一松小学校運動会

080524-123154.jpg 24日は、今年から全村5月開催となった小学校の運動会に出席&参加。
出席というのは例年通り、来賓としてお招きいただいたためお邪魔してきたということですが、今年は例年と違いPTAの副会長も仰せつかっているので、運営の方にも参加したというわけです。

 新入生にとっては、入学から間もないこともあり戸惑うことばかりだと思うのですが、一所懸命練習した成果を披露する姿には、ついつい微笑みを誘われます。

 予報では雨だったので空模様が気になっていたのですが、なんとか保ってくれ他のは助かりました。雨の中での運動会とか後かたづけは辛いですからね。

 今年は会長の意向もあり、面白いことをやるPTAでいきたいので、みなさんのご協力のほどお願いいたしますね。
posted by 酒井ひろき at 01:17| 千葉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京へ

 ちょっと野暮用で、22〜23日にかけて東京の実家へいってきました。
お袋がいい年して盲腸を腫らして手術したために、見舞いにいってきたという訳なのですが・・・w

 当初、レントゲンに不穏な陰が出ていたため、てっきりガンだと思いこみ、その上たしか手術は初体験の母親はすっかり憔悴しきっていたそうなのですが、切って開いてみたら盲腸と卵管が接触して炎症を起こしていたためとわかり、ケロリとしていました。まあ、一安心。他の内蔵系には「まったく」問題が無いそうです。人騒げせな・・・orz

 夜は夕食がてら親父を誘って居酒屋に。
考えてみたら、こちらから親父を誘って酒をご馳走したのは生まれて初めてのこと。親不孝なセガレでした。
親父が借りてきた鬼平犯科帳のビデオを観ながら四方山話をしていると、親父がやけに小さく見えて、「あぁ、これが昔の人がよく言っていたことなんだな」と実感できた次第です。
親父にしても、初めて息子の誘われて酒を飲み、良い冥土の土産ができたというものでしょうw

 「心配しながらいってみたら、なんでもなかった」という今回の東京行でしたが、たまにはこんなショートトリップも良いものです。
posted by 酒井ひろき at 01:03| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

全員協議会

 昨日、議員全員協議会が開催されました。
議題は「長生中学校施設整備委員会からの報告」と「城ノ内開発について」の2点。
後者は以前書いた宗教法人・幸福の科学による城ノ内干拓地買収に関する問題について、法人側からの説明を求めるものでした。

 はじめの「長生中学校施設整備委員会からの報告」は議会の3常任委委員会(総務・教育民政・産業土木)から委員として派遣されている議員が出席した「第一回長生中学校施設整備委員会」(4月24日開催)の報告を、産業土木常任委員会に所属する緑川議員が代表して報告をおこなったものです。ちなみに、私は教育民生常任委員会から今回の施設委員会に出席しています。

 委員会での議題は1)建設スケジュールについて 2)建設場所、建設規模(階数)等について 3)現地調査について 4)その他 というものでした。

 報告内容は以下の通りです。

1)建設スケジュールについて
 平成20年4月から 本校舎の基本および実施設計
 平成20年6月から 設計委託
 平成21年5月から 仮校舎関係(設計〜施行)
 平成21年9月から 工事発注
 平成21年10月から 本校舎解体
 平成22年12月 工事完了
 平成23年1月 3学期から供用
 スケジュールの詳細は右の表をご覧ください。
 schedule.gif

2)建設場所・規模・階数等について
 仮校舎 現在のグラウンド、トラック内
 本校舎位置 現在の建物を解体し、同じ場所に建設する。
 構造 コンクリート系で、シンプルかつ合理的な建物としたい。
ただし、内装は木質を使ったものとしたい。
 階層 3階建てを想定
 面積 現在は2階建てのため、3階建てにすれば建坪は小さめとなる。
 多目的室 将来を想定して、コンピュータ室や図書室が多く必要と思われる。

3)現地調査
 整備委員会では、参考事例として他自治体にある校舎の状況調査を実施する。
(5月30日に、旭市立海上中学校・横芝光町立光中学校・長南町立長南中学校の3校を現地視察してくる予定です)

4)その他
 障害を持つ子どものために、エレベータ等の設備の必要性を確認。

 2番目の「城ノ内開発について」では、委員会室においてこの土地の過去からの経緯を役場側から説明を受け、その後会議室に場所を移してから、幸福の科学職員からの状況説明を受けました。

 説明そのものは売買行為に関する結果報告なので、特に記すことはありません。先方としては、大学という施設の性格もあるのでしょうが、住民と上手くやっていきたいという希望は十分に感じられるお話です。それは「住民の方々のご理解・ご協力を」という言葉に現れていると思います。

 議員からは様々な質問・要望等がありましたが、私は「この土地が旧地権者から譲渡された経緯とその裏にある願いを十分にくみ取っていただきたい」ということと、「大学を建設するに当たってはくれぐれも閉鎖的な施設とならないよう、地域住民とよく話し合って欲しい」 「住民の不安は宗教施設に対するアレルギーと、ありがちな施設の閉鎖性にある。住民との良好な関係を構築したいのであれば、徹底した情報の公開を望む」ということを要望しておきました。

 長生村のこの土地については、過去にさんざん肩すかしを食らった経緯から、行政も議員も住民も非常に懐疑的なものの見方をするようになっていることは事実です。
しかし、法的になんら違法性がなく、現実問題として対抗手段がない以上、我々が取り得る唯一の方法は「共生」ではないでしょうか?

 個人的には思うところは多少ありますが、今はこの話を信じていくしかないというのが実際の所です。
住民のみなさんにおかれましては、くれぐれも冷静な判断と行動をお願いする次第です。

※蛇足ですが、この問題を取り上げた朝日新聞の記事では、さも「議会が承認・承知した」ような書き方がしてありましたが、決してそのようなことはありません。この偏向した記事は、記者が村長に取材した結果書かれたものであることを記しておきます。
posted by 酒井ひろき at 13:04| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

連休もおわって

 みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 私はちょとゴタゴタして連休中はお遊び無し。今も公私ともにドタバタしていて、記事の更新もコメント返しもできていませんがご容赦ください。
もう少ししたら、いただいたコメントにも返信できると思いますm(。。)m
posted by 酒井ひろき at 17:42| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

Yahoo買収を断念

 体調を崩してばん馬大会を欠席してしまったのですが、みなさん楽しんでいただけたでしょうか。

 ところで表題のとおり、このところ新聞を賑わしていたマイクロソフト(MS)によるヤフーの買収が正式に破談になったようですね。
私はどちらの会社に対しても偏った意見は持っていないつもりだし、現状を正しく認識するなら、両者とも少なくとも現在は無くてはならない会社だと思っています。

 ただ、MSによる買収となると話は別。
MSに対しては「アンタ、どこまで強欲」と言いたくなってしまいます。
MSという会社は基本的には、秘密にすることで現在のシェアと富を築いた会社です。

 何を秘密って?
極論すれば「全て」といっても良いのではないかな。
たとえ技術的には知ることができても、法律的には一切手が出せないウィンドウズOSの中身(ソースっていいます)は典型的な「秘密」の一つです。

 これに対して現在のネット社会の潮流は「オープンソース」というもの。全てのソースを公開し、世界中の有志が共同で開発するというものが増えています。しかも使用料が無料であるばかりか、改変しようが、改変したものを販売して利益を得ようが自由というもので、まさにMSの対局にある流れですね。

 あ〜、長い前置きだったw
ようするに、これからの行政もオープンソースかなと。

 かつて情報等を一手に握り、管理・統制することで民間を事実上支配していた官というものは、こと地方行政に関して言えば過去の話になりつつあります。
そこにあるべきは「公」という事業を遂行する「民」と「官」という実施主体であって、公の仕事だからといって官がやる必要なんて全くないわけです。

 私は立候補後の公開討論会で「人口たかだか15000人の村に職員が150人(注・当時の話です)もいるのは、他の自治体と比べても多すぎる。100人もいれば十分やっていけるはずだ」と言いました。
なにしろアメリカでは10万都市を、警察と消防は別として、正規職員5人で切り盛りしているところだってあるくらいですからね。

 オープンソースの考え方を行政全ての仕事に当てはめてみれば、今以上に無駄のない、だけど掛けるべき予算は十分に確保した運営が出きると思っているわけです。

 まあ、本来は首長自らがこの程度のことは勉強してもらって、取り組むべき問題なんですがね。
「地方交付税を減らさないという確約を知事としてきました」なんて子供でも笑い出すようなことをマジな顔して言っている暇があるなら、「日本で初めて職員にスト権を与える代わりに、解雇権を獲得した自治体」として名を売り、短期間で職員数100人以下にしてご覧なさい、日本中があっと驚き、東国原さんと坂下さんがアベックで視察にきますよ。

 今の首長ではこんな発想はできないし、まして実行なんて不可能でしょうけどね。

 そろそろ真剣に考えた方が良いですよ>村民のみなさん
合併しないで単独でやっていきたいなら、ドラスティックな改革ができる能力のある人を選ばないと。
posted by 酒井ひろき at 23:41| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。