99number90.png九十九里ナンバー実現のため、署名活動を展開しています。趣旨に賛同いただける方、どうぞリンクから署名をお願いします。
http://www.shomei.tv/project-292.html

QRcode.png携帯からはこちらへ。
http://www.shomei.tv/m/project-292.html
左のQRコードを使えば、署名ページに一発で飛べます。

アナタの「1ポチッ」が励みになります。 この記事が「面白い!」という方は、下の政治ブログランキングボタンをポチッとクリックお願いします!!
にほんブログ村 政治ブログへ

2009年10月31日

自治会親睦旅行

091031-162710.jpg 今日と明日は、年に一回の自治会の旅行で鬼怒川にいます。

 ただいま宿に着いたところ。
窓からの景色はなかなかのもの。これで紅葉していたら、まさに絶景ですね。

 では、また来週お会いしましょう。
posted by 酒井ひろき at 16:35| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

円楽師匠

 ネタはこちら>iza!ニュース

 笑点でおなじみの円楽師匠が亡くなりました。
南伸介さんから司会を引き継いだのが昨日のことのように思い出せます。

 近頃の五月蠅いだけの吉本漫才とは違い、私にとって落語を聴く時間は至福の時間と言えます。
特に詳しいわけではないのですがCD借りたりして楽しんでいて、あの独特の「間」が、何とも言えない豊かな時間を演出してくれるのです。

 その落語というモノを教えてくれたのが、子どもの頃に観た笑点(と、日曜演芸会)で、見始めた頃は若手のホープ程度だった円楽師匠が亡くなるときには落語会の重鎮なのですから、流れた時の長さを思わずにはいられませんね。

 落語家、小説家、ミュージシャン、科学者・・・自分の成長過程で影響を受け、尊敬していた人たちが亡くなっていくのを見るのは辛いですね。それだけ年をとったと言うことなんですけど・・・

 心からご冥福をお祈りします。
posted by 酒井ひろき at 21:28| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

ヤフーがネット選挙解禁を求める署名サイトを開設

 ネタはこちら>CNET Japanニュース

 署名サイトはこちら>Yahoo Japanのサイト

※追記:(20091104)
参考記事
YOMIURI ONLINE:「ネット選挙運動解禁へ、論点整理を総務相指示
毎日.jp:「ネット選挙運動:解禁、公選法改正へ 来夏参院選にも
Insight-Now!:「ネット選挙解禁、大歓迎!

ネット選挙とは>>Wikipedia


 常々言っていますが、ネット選挙を解禁して欲しい。
たとえば私の様なジバンもカンバンも無い人間が、見知らぬ土地で選挙を戦おうとするなら、ネットを使うしかありません。

 もちろん、選挙に当選するという問題だけではなく、広く・安く・分かり易く「自分」を伝えるのに、ネットは有力です。
これは「これまでの方法はダメ(無意味)」と言っているのではなく、プラスアルファとして認めて欲しいということなんです。
要は、有権者の情報収集の選択肢が広がるだけですね。なにが悪いの?

 スキルの無い人と比べて不公平・不平等?
カネと地縁も持つ人と持たない人の間にある不公平はそのままに、それを問題にするのですか??
 公平とか平等とは「Equal Opotunity(機会均等)」を言うのであって、「Equal Result(結果均等)」のことではありません。

ネットという新たな表現手段を与えられたとき、そのチャンスをモノにできるかできないか。

それだけのことです。

 ネット選挙はカネがかかる?
私はこのブログに一銭もかけていませんが??
 ほんのちょっとの努力で、(贅沢とか我が儘さえ言わなければ)無料で様々なツールを使うことができるのがネットのメリット。
確かに紙媒体にも優位性と有用性があることは認めます(アタシぁ、紙のプロです)が、将来的に選挙活動の告知・広報の部分(ポスターとか官報という意味です)がネット上で展開されれば、これはかなりのコスト削減になること間違い無しです。
 今、ネット選挙を規制している法律には、何一つ合理的な根拠を見いだせないんですよね。

 私?
もちろん署名してきました。

 私自身は民主党の支持者ではありませんが、こういう変革をもたらしてくれるなら、今回の政権交代も満更悪いことばかりではないと思えます。
posted by 酒井ひろき at 21:41| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

しごくもっともな話



 米ウォールストリート・ジャーナルが鳩山首相の外交姿勢を批判しているようですが、読んでみると「ごもっとも」と思います。
「北朝鮮の核計画や増大する中国の軍事力は、緊密な日米関係を正当化するには十分でないと考えるのか。外交交渉だけで日本の安全を保つことができると考えているのか」

 上のような問いかけもしていますが、ここなんか私と全く同じ意見です。
外交交渉は大事ですが、その長く地道な努力によって結ばれた不可侵の約束事を反故(ほご)にするのが「侵略」です。

 そして、侵略者予備軍たちは、着々と、確実にチカラをつけてきています。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/240009/

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/250480/

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/263673/

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/240367/
posted by 酒井ひろき at 15:01| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議会だより編集委員会

 昨日は議会だよりの編集委員会。原稿の読み合わせで、朝からずっとカン詰め状態でした。

 今回は初の一問一答方式での議会であり、一般質問部分の原稿の書き方が、これまでとは少し勝手が違います。
私自身も自分のものをまとめるのに苦労しましたが、それは他の方たちも同様だったようで・・・さらに編集委員はそれらを取りまとめるのですから、かなり四苦八苦しました(^^;

 他の議会がどうなのかは知りませんが、長生村議会では、一般質問をおこなった人が議会だよりに掲載する部分の原稿書きも受け持ちます。その中には、その人が主張したい「思い」がこもっているわけですから、誤字脱字は別として、気軽に削除とか変更はできないわけですね。

「この原稿はOK?」

「いや、表現が変じゃない?」

「いやいや、そこが主張したい部分だろうから残さないと」

「いやいやいや、行数オーバーだから、どこか削らないと・・・」


などといったやり取りをしながらの編集作業ですから、時計の針ばかりが進んで作業は進まない(・_・)
posted by 酒井ひろき at 09:58| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

一般質問(9月議会まとめ)

 「まとめ」と書いておきながら、実はまとまっていません(^^;
とても複雑な内容なので、議事録をそのまま掲載します。
この議事録は、議会事務局から議会たより用に受け取ったものをOCR処理し、原稿と突き合わせて誤字・脱字を修正したものです。ただし、原稿そのものが、会議のテープから専門業者が文字原稿に起こしたものなので、その時点での誤字・脱字等はそのままになっていることをご承知ください。
それから、話し言葉を文字にしている都合上、読みにくい部分や意味不明なところもあるかもしれませんが、その点はご容赦ください。

 それでは、以下、議事録です。

非常に長い(A4で15ページ)ので、覚悟して開いてくださいね(笑)
続きも読んでみる?
posted by 酒井ひろき at 18:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

テント借りと原稿書きと

 明後日開催される「さすが市」のために、長柄町までテントを借りに。
いつものことながら、快くお貸しくださり感謝感謝です。

 午後からは明明後日締め切りの「議会たより」の原稿書き。
半分くらい終わったところで、ふと気がつくと自分の一般質問分を勘定に入れていなかった!

 自分の質問ながら、こりゃまとめるのが大変だわ(^^;
posted by 酒井ひろき at 12:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

住民会議

 順番が後先になってしまいましたが、昼間は長生村第5次総合計画策定住民会議に出席。
今日は各分科会が一堂に会しての、中間発表という形になっています。

 これまで重ねてきた、分科会それぞれの討議内容をまとめて発表するのですが、みなさん本当に一生懸命だったことがわかります。
しかも、発表が終わり散会となっても、会場に残って語り合う人たちの多いこと。その場はちょっとスゴイ熱気だったと思います。
「この人たち、ホントに地域のことを真剣に考えてくださっているんだな〜」と思い、この地で議員をやらせていただいている身としてもかなり嬉しかったです。

 今後、私たち産業分科会は、地元の企業である合同資源さんに見学を申し込み、ヨードを地域活性化のために使えないかという検討に入ります。
お隣の白子町さんにも「白子町ヨウ素活用地域活性化協議会」というのがあり、私も会員の一人なのです、あちらは既に活動実績もあり製品も開発していますから、ウチは違った切り口から攻めないとなりません。

 私は生憎と化学の素人(というより苦手)なので、上手いアイデアが浮かばないのが悔しいです(^^;

posted by 酒井ひろき at 22:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PTA三役会

 住民会議に引き続き、夜はPTAの三役会。
懸案のバザーをどうするか・・・です。

 千葉県にはインフルエンザ注意報まで出る始末ですが、ウチの学校だけ止めれば感染は防げるのか?とか、やった結果、完全拡大したらどうするんだ?などなど、アタマを巡ります。

 結局、学級閉鎖が出たときの事やら、直前にPTA役員が感染(とその疑い)が確認された場合などを考慮して、今回(11月)は中止することになりました。

 でも、バザーはともかく、子供たちが楽しみにしている「お祭り」をこのまま無しにしてしまうのは忍びないので、状況を見た上でですが、2月上旬になんらかのイベントをやってみないか?という線でまとまりました。

 これまで色々とご心配くださった皆様、申し訳ありません。
正直言って苦渋の決断です。どうかご理解くださいm(。。)m

posted by 酒井ひろき at 21:46| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | PTA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長生中学校整備委員会

 建て替えを予定している長生中学校の整備委員会に出席しました。今回で6回目。
主に太陽光発電装置の設置について話し合われたのですが、政権交代に伴い補助金の行方がハッキリしないため、少々もめました。

 結局、補助金が出れば20Kw程度の設備に、出なければ村独自で10Kw程度のものにするのが良かろうということで決着。
なんで補助が出ないときには10Kwかというと、出た場合でも村負担分として1000万円の支出が見込まれるので、それなら独自におこなっても10Kwくらいのものなら設置可能だろうというのが理由です。
内部委員会(私たちは外部)の話し合いでは、補助金が出なければ設置中止も検討したようですが、外部委員会である我々は、補助金の有無にかかわらず設置しようというのが全員の意見でした。

 ハッキリ言って、10〜20Kw程度のものでは削減できるCO2や賄える電力などたかが知れているのですが、これは子供たちに対する教育的視野に立ったものとして設置することが目的なのだそうです。

 ただ、委員からは、これを設置したが為に学校本体の設備そのものが削られることがないように、という意見も出ていました。
しごくもっともなお話しです。くれぐれも、村にはこういう心配が無用のものとなるようにご配慮いただきたいものですね。
なにしろ、これは50年に一度の事業であり、それに対して村には十分な基金があり、財政は健全だという説明を先日受けたばかりですから。



 余談ですが、委員会終了後に懇親会がありました(もちろん自腹よ)。
出席された先生の内お一人が、なんと、私の高校の一級上の先輩であることが判明!
さらに、同じ東京生まれで住まいも近くだったということで、東武東上線沿線の話題で盛り上がってしまいました(^^;

結婚してからというもの、同級生も友人もいない中で生活してきたわけで、こういう出会いは驚くと同時に大きな喜びです。

posted by 酒井ひろき at 10:01| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

議会だより編集委員会&通年議会分科会

 本日、委員となって2号目の議会だより編集委員会(一回目)がありました。
今回は、長生村議会が通年議会制度(試行)を取り入れてから初の編集と言うこともあり、編集作業は大変かも。
(とはいえ、今日は割り振りだけなので短時間でしたが)

 しかし、受け持ち部分は自分の一般質問と合わせても三つだけなのに、「ハイ、これが受け持ち分の資料です」と渡されたものはA4の紙で1cm位の厚さがあります(^^;
やってみると分かりますが、無駄な文字を入れて文章を膨らますのは割と簡単なのですが、必要な部分だけ残しながら無駄を省き読みやすい文章にまとめるのは、物書きのプロではない私にとって非常に難しい作業です。
まあ、難しいけど楽しい作業だから良いのですけどねw

 それが終わったらすぐさま、議会改革特別委員会通年議会分科会。
今日は、議会基本条例に盛り込む「議会が議決すべき事項」(これまでは"村民憲章の改廃について"だけだった!)の最終確認をおこない、村長が専決処分できる事項の確定などがあり、通年議会分科会としてはこれが最後の会議になると思われます。
※詳細はまだ最終決定を見ていないため、ここで公開することは控えさせていただきます。12月の議決をお待ちください。

 あとは基本条例分科会の最終会議を経て、両方の合同会議をおこない、GO!サインが出れば次の議会に提案>>>可決というのがこれからの見通しです。

 通年議会や議会基本条例というモノは、制定すれば即、議会や住民の生活が変わるというものではありません。
そうではなくて、議会基本条例というルールを皆が参加して定めるというプロセスを共有すること、そして、通年議会という制度の中での活動をおこなうことを通して少しずつですが議会と執行部が変わっていくこと、が大切なのだと思っています。

 長生村議会は上記以外にも変わっていくはずです。ご期待ください。
posted by 酒井ひろき at 18:44| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

子ども手当の財源、自治体負担も「選択肢」



 ニュースによると、当初、国の全額負担でスタートするはずだった民主党の目玉政策の一つである「子ども手当」が、国の税収減などを理由に、自治体への負担を要請する可能性を示唆したモノです。
19日の記者会見での、平野博文官房長官の言葉だそうです。

 う〜ん・・・税収減は国だけの話ではなく、県は言うに及ばず各市町村でも同様だと思うのですが・・・

 地方自治体へ負担を求められれば、その分、自治体ではこれまでの事業の見直しを迫られることになるでしょう。

そうなれば、今までと同じサービスを提供することが難しくなる自治体も出てくる可能性があるはずですね。

また、仮に所得制限をかけなかったとしても、国内の世帯全体から見れば、手当てを受け取れる家庭は限られています。しかも、高校生の子供を持つ家庭の負担増は既に既知の問題点なわけで、こりゃ、いったい何のための「手当」?と言いたくなります。

 ってか、税収が少なくなっている(少なくなっていく)ことなんて、選挙時点で分かっていたはずなんですがね〜
上のニュースだけでは詳細がよく分からないのですが、こういうのって、国による明白な詐欺行為だと思いませんか。ある意味、確信犯的行為です。

 なんか、国保税の値下げを公約して当選し、その直後に値上げしたどこかの村と似ていますね。

みなさん、どう思います?
posted by 酒井ひろき at 22:08| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エア○○

 休日なので、ちょっと息抜きネタを。

 「エアギター」など、「実際にはモノを持たず」におこなうウソホンコな遊びが流行っていますね。
遊びじゃないけど、こんなのはいかがでしょう。

 「エア参拝」 (ネタはIT Media NEWSより)

 参拝者にも結構、本格的な儀式を要求するようです。
まあ、参拝料やお賽銭も「エアマネー」でしょうけどねw

 どうせなら、神社庁もエア靖国を造って参拝させれば、中国や韓国、共産党も黙るのでは?(・_・)
posted by 酒井ひろき at 18:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

土曜日の郡市PTAバレー大会

 昨日、土曜日は郡市PTAのバレー大会だったのですが、私は親戚の結婚式のために応援にいけませんでした。

 結果は・・・

 残念ながら、はじめの試合で敗退したそうです(T-T)
今年は、私のようなバレー素人から見てもチームのレベルアップは著しいものがあり、昨年は一勝をもぎとったことから今年の活躍も期待されたのですが、そこはあいてもレベルアップしていたと言うことなのでしょうか。

 残念!!
posted by 酒井ひろき at 09:15| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

決算審査特別委員会(三日目)

IMAG0091.jpg 午後からは現地視察。
一松の排水路、高根小の防災倉庫、尼ヶ台公園の野球場と公園を見てきました。

 その後、これから各決算の認定作業と講評が始まります。
posted by 酒井ひろき at 15:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

決算審査特別委員会(二日目)

IMAGE_072.jpg お昼休み。

 今日は8課から説明を受けます。
椅子に坐って、一日中説明を聞いているというのは、意外と疲れますね(^^;

 明日は質疑。
午後、眠気を抑えながらしっかり聞いていましょう。
posted by 酒井ひろき at 12:20| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2300万円・・・ドブに捨てる度胸はありますか?

 昨日の決算審査特別委委員会冒頭、若干の休憩を取り、宗教法人幸福の科学が所有する土地の固定資産税減免申請に基づく課税・非課税に対する説明が、村長よりありました。
これは、先の臨時議会において、議会から執行部へ「現時点で未発行の固定資産税納付書を発行するのかしないのか、ハッキリして欲しい」と要求したことに基づくものです。
回答期限は一昨日でしたが、昨日の回答となりました。

 それにしても、今回のやりとりについては不可思議なことがあります。
これまでに分かっていることの内、重要な部分を時系列に沿って書いてみると、次のようになります。

続きを読む
posted by 酒井ひろき at 08:52| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

九十九里サロンの打合せ

 夜は九十九里サロンの下話のために茂原のファミレスに。

 話が終わって、これから夕飯です。
あー、お腹減った(^^;
posted by 酒井ひろき at 20:53| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

決算審査特別委員会(初日)

 朝から先ほどまで、平成20年度決算審査特別委員会です。
今日は五つの課から主要施策の成果と歳入歳出決算書に基づく説明を受けました。今日は説明のみですので、まだご報告できるような事はありません。
明日も今日同様に各課からの説明を受け、明後日は質疑、現地視察、講評、決算の認定(不認定))などで締めくくられます。

 決算審査というものは普通の人には馴染みが薄いと思います。もちろん私も議員になるまでは全く知らなかったわけですが、簡単に説明すると次のような感じになります。
 決算審査で扱われる数字は、既に執行され、監査委員会の認定を受け、決算書ととしてできあがったものですから、個別の数字自体に対しての批判的意見は意味を持ちません。
しかし決算審査は、予算が「正しく執行されたか」という部分の批判機能として重要なものであり、成果を生かして次年度の予算に反映することができるという重要なものです。

 また、委員会において下される認定は、「認定」か「不認定」の二者択一で、「修正」は先の理由からあり得ません。
認定されることで村長は政治責任を解除されますが、予算執行が乱脈であったり、議決通りに執行していないなど、決算に不満がル場合は不認定として政治責任を解除しないこともあり得ます。
ただし、この場合でも、決算そのものの効力には変わりがありません。
 今日の説明を聞いた限りでは、もちろん乱脈執行の気配もありませんし議会議決に従わない執行も見られませんので、個人的には特に問題ないと思います。
posted by 酒井ひろき at 17:25| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

議会基本条例分科会

を(私は通年議会分科会のため)傍聴しています。
条文を読みあわせながら文言を一言一句チェックしていく作業は、本当に「大変」の一言です。

 12月議会に提案し可決されれば、来年年初より施行される予定です。 
posted by 酒井ひろき at 11:49| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。