99number90.png九十九里ナンバー実現のため、署名活動を展開しています。趣旨に賛同いただける方、どうぞリンクから署名をお願いします。
http://www.shomei.tv/project-292.html

QRcode.png携帯からはこちらへ。
http://www.shomei.tv/m/project-292.html
左のQRコードを使えば、署名ページに一発で飛べます。

アナタの「1ポチッ」が励みになります。 この記事が「面白い!」という方は、下の政治ブログランキングボタンをポチッとクリックお願いします!!
にほんブログ村 政治ブログへ

2010年04月29日

「議員立法」のノウハウを教えます #LG_gikai #area99

100425.jpg 25日の日曜日、市ヶ谷の法政大学大学院にて表題の講座を受講してきました。
講師は廣瀬克哉 法政大学法学部教授、ゲストとして衆議院法制局 正木寛也さんがおいででした。
廣瀬先生のお話は、難しい話を平易な言葉で語る、とても分かりやすいもので、法律素人の私のアタマにもスイスイ入ってきます。

 常々「これからの地方議員は、条例制定能力が問われる」と考えていたのですが、この講座の存在を知り、矢も盾もなく申し込んでしまいました(笑)
そして、これが実に面白かった!
詳しい内容については書ききれないので省きますが、講座の根底にあるテーマは「議会改革」であり「議会必要論」だと感じました。

 今や地方議会は「住民から信頼される」どころか、「住民に認知されることが最優先課題」と言えるほど弱体化が進んでいるように思います。
地方自治体と議会の関係を「内閣制」にしようと言う提言もなされているようですし、それに拍車を掛ける形で「議会不要論」を推し進めようとしている自治体や首長、そして住民の方々が日本各地に出現しています。

 でも私は、これは非常に残念な考え方だと思っています。
議員も首長も、選挙で選ばれた「民意の代表」であり、また、それらは「自分たちの暮らしを良くしていくためのツール」に過ぎません。なのに自らツールの選択肢を無くしてしまうのは、勿体無いことだと思いませんか?
もちろん前提として、そのツールが「使える」ことは必要最低条件ですが。

 その必要最低条件の一つが「地方議員(議会)の条例制定能力」だと考えています。
住民の意見を吸い上げ、それを条例という形で自治体の政治の場で具現化する・・・それができてこその議員(議会)ではないでしょうか?(大きな理由として、この点から私は議員の日当制に反対します)

 執行部(役所・役場)が提案した議案に対して、無批判に賛成するだけの議員や議会(俗に言う与党議員&議会)ならば不要だと思いますが、対案として自らが作り上げた条例等を提案できるなら、これは正に「使えるツール」として存在意義が光ります。

 現在、議員である方々。そして、これから議員を目指して地域のために一肌脱ごうという方々。是非とも、条例制定能力を身につけ、磨いていって頂きたいものです。

posted by 酒井ひろき at 09:19| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

議員立法のノウハウを教えます

100425_1454~01.jpgというタイトルの勉強会のため法政大学に来ています。
法政大学 廣瀬克哉教授と法政大学准教授で衆議院法制局参事 正木寛也氏お二人の話は、現実的示唆に富んでいて面白いです。
議会にはまだまだ為すべき事は多く、同時に、為せる事・可能性は大きいということに気がつきました。
posted by 酒井ひろき at 15:04| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

国が滅ぶということ #LG_gikai #area99

 現在、民主党は外国人参政権付与などを進めようとしていますが、これがどれほど危険なものかは言うまでもありません。
北海道教職員組合(北教組)が平成20年に作成した機関誌兼学習資料で、竹島問題は「韓国の主張が事実にのっとっている」とする中で外国人参政権付与という法律ができれば、小さな島を数多く抱える日本という国は危うい状況になります。下手をすれば、国自体の存亡に関わる問題なのです。

 日本人は、未だかつて国が滅ぶという憂き目に遭ったことはありませんが、実は、日本ととても関わりの深い国が19世紀の終り頃に滅亡しています。それは、ハワイ王朝です。

 そのハワイ王朝の滅亡と、その時に気高く振舞った当時の日本という国に関する素晴らしい記事を知ることができたのでご紹介します。

 アロハ・オエのおはなし

 北教組などの売国組織が流す偽りの情報に踊らさせることなく、私たちの祖国の素晴らしさを再認識していただければ幸いです。

posted by 酒井ひろき at 19:21| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

長生村 - 滞納整理のあり方に関する調査特別委員会 -

 朝から表題の会議でした。
内容は以前からお伝えしている、鴨川市で起きた、村の年金口座差し押さえに起因するお年寄りの衰弱死問題です。

 まず、初めに萎えたのは、村長が出席しないと言うこと。
今日の予定は前々から伝えてあったのに、この日を狙って用事を作るなどというのは「逃げた」と言われてもしかたがないでしょう。
とにかく、この時点で今日の会議の意義は、ほぼ失われた事になります。

 とはいえ、会議前の打ち合わせには顔を出して、挨拶させて欲しいということでお話だけは聞くことができました。
その中で印象的だったことは、この、人が一人亡くなっている事件について、今後の対応としては「新聞などに騒がれないような対応をとっていきたい(要旨)」という発言に終止した事です。
つまり、人の命を如何に守るため行政としてどのような対応をするのかではなく、「マスコミに騒がれない事」が大事だそうです。これも萎えた原因。

 また、会議自体も、出席した副村長と財務課長は、村長から「謝るな。認めるな」とでも言われているのか、まったく誠意のない回答としか言いようがありませんし、そもそも村としての政治的な判断を代理者ができるわけもありません。

 いずれにしてもこの問題は、放置しておくことは出来ません。
それは、村側が自らに非があったことをきちんと認めない限り、どんな改善策を出したところで「上っ面」だけのモノに過ぎないからです。
そして、放置すれば次の犠牲者は「あなた」になるかもしれないのです。

 ちなみに村長は、自らのホームページに「長生村長 石井としお」名で、この事件に関する「村の公式見解」を発表しています。
本来であれば、村の公式ホームページで発表すべき問題ではないでしょうか?

posted by 酒井ひろき at 15:38| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

長生村・小倉議員 村税を滞納のまま選挙活動

IMAG0109.jpg 今朝の朝日新聞に、村長後援会推薦元村長後援会会員(選挙前に退会)で、今回当選した小倉議員の税金滞納問題が取り上げられています。
実は選挙前から噂に上ってはいたのですが、私も期間中に取り上げることは控えていたものです。

 ※事実関係に誤りがありました。
   お詫びして訂正すると同時に、コメント部分を削除しました。

posted by 酒井ひろき at 12:41| 千葉 | Comment(5) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

2010選挙まとめ

 公職選挙法の規定で選挙期間中の更新ができなかったので、この時間に発表させていただきます。

 選挙結果は、残念ながら落選という結果でした。
ただ、これで政治への興味がなくなったのかというと、まったくそんなことはありません。
一刻でも政治に携わった者のつとめとして村の政治を見つめながら、この4年間でお世話になり、考え方において共鳴しあった方々のサポートが出来ればと考えています。

 そして、これからのこのブログは、一人の住民として納税者として、村政について書きたいことを書きたいように書ける立場になったわけですから、今までのように「議員の品位」という枠に囚われた歯に衣着せた物言いではなく、遠慮なくストレートな内容になるでしょう。

 5月2日をもって私は長生村の政治の場から離れますが、願わくば、現職の中村・高山・東間・小高・片岡各議員と復活当選した同期の阿井議員への支援を心からお願い申し上げます。

 ※公選法の縛りで「ありがとうございました」と書けないことをお許しください。

posted by 酒井ひろき at 01:15| 千葉 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

「選挙に行こう!」 - 今期最後のブログ - #LG_gikai #area99

 こうして長生議会議員として記事が書けるのも、もしかすると最後になるかもしれません。

 ので、書いておきます(笑)

 明日からいよいよ長生村議会議員選挙が始まるわけですが、前回の選挙の時と同じことを書きましょう。

 絶対に棄権はしないでください。 選挙で自らの意志を表明しないかぎり、それがどんな悪政であれ、どんな馬鹿議会であれ、それらに対して賛意を表したのと同じことです。

 そんなことにならないためにも、あなたの貴重な一票を有効に使いましょう。 投票することで自らの意思を表明してください。 それ以外に、あなたの意思を政治に反映する方法は無いのです。

 あなたと長生村の明日のため、みんなで18日の選挙に行きましょう!

 ※ 次の更新は、投票日翌日となります。

posted by 酒井ひろき at 16:35| 千葉 ☔| Comment(7) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ながいき瓦版の反響 - 鴨川事件 - #LG_gikai #area99

 議員有志で発行した「ながいき瓦版」が、村内でかなりの反響を呼んでいるようです。
※瓦版記事 >>> http://nagaiki.seesaa.net/article/145396661.html
先にもお伝えしましたが、この問題は国会でも取り上げられています。

 それは、わざわざご村長ご自身のホームページで見解(反論)が述べられていることからも窺い知れることです。
ホームページには、以下のような内容が記述されています。

ながいき瓦版4号への見解
長生村村長 石井としお

4月2日発行の「ながいき瓦版4号」によると「年金差し押さえによる孤独死事件」「現地調査した議員によると餓死」との記事となっています。以下、村の見解を述べます。

1 村は年金を差し押さえていません。
「年金の差し押さえ」は年金の支払い元である日本年金機構から給付手続きをしたところで差し押えすることです。今回の場合、年金振込みと一般の振込みが加わった「一般預金財産」であり、「年金差し押さえ」ではありません。

2 「餓死」について。
3月25日、村長と税務課長による現地調査として、鴨川警察、鴨川市役所、不動産業者に行ってまいりました。「餓死」という事実は確認できませんでした。鴨川警察からは「議員に対し餓死とは言っていない」とのことでした。また、4月2日に職員が遺族とも接見した結果「死因は多臓器障害によるものであった」という話でした。「餓死」という話は確認がとれませんでした。

3 「法律違反」について。
村の顧問弁護士より…村が差し押さえた事件に対して@憲法25条の生存権、29条の財産権の侵害とはならない。Aながいき瓦版の主張する「最低限の生活費として口座残高が10万円未満となる差し押さえを禁止する国税法施行令第34条に違反する。」については給与・賃金の差し押さえに関するもので、預金の差押とは異なります。従って、今回、村がとった差し押さえは法的にはなんら違反していない。生活困窮であったならば、村に連絡が取れたはずです。

- 石井としお村長のホームページより引用 - 

 しかし、問題の本質はそうではなくて、「生活実態を把握することなく"年金給付による生活費"のほぼ全てを差し押さえてしまい、結果として衰弱死した」処にあるわけです。

 また、村長は自分を支持する候補者たちを後援会推薦として議会に送り込むことで、今、議会がおこなっている年金差し押さえ問題への追求を抑えこもうとしているフシが見受けられます。しかし、この問題はまだ終わっておらず、今後とも追求していくことが必要です。
なぜなら、これを放置すれば、次はあなたの身にふりかかるかもしれないからです。

 長生村議会は、この21日も調査特別委員会を開催し、さらに深く掘り下げていきます。

posted by 酒井ひろき at 16:22| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

長生村・落花生オーナー募集2010 #area99 #chiba

 毎年恒例の落花生オーナー募集のパンフ&申込書が手に入ったので掲載します。

品種は「おおまさり」「千葉半立」の二種類

一口10000円(40株)

募集口数は100口(1オーナー3口まで)

締め切りは5月21日(金)

 です。

  • 6月5日(土):開会式・種まき・完熟トマトの収穫体験
  • 7月3日(土):落花生のお花見と畑の草取り・トウモロコシの収穫体験(10本)
  • 10月2日(土)予定:収穫祭(から付き落花生3Kg)・サツマイモの収穫体験(4株)・ゆで落花生試食

 盛りだくさんの内容で10000円はお買い得ですよ!
ふるってご応募ください。

 2010aigamo_owner_panf.pdf (1.72MB)

posted by 酒井ひろき at 09:54| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

長生中学校&一松小学校入学式

 昨日は長生中学校、今日は一松小学校と、入学式のはしごです。

 先日出席させていただいた小学校の卒業式で見た6年生たちは、最年長クラスらしく、とても大人びて見えたのですが、同じ子どもたちが中学校の先輩たちと一緒になると、とたんに心細げでちょっと頼りなく見えるのは面白いですね。でも、立派でしたよ。

 同じく、先日まで保育所に通っていたチビッコ達が小学生になりました。こちらは不思議と、やけにしっかりとしたお兄ちゃん・お姉ちゃんに見えます。特に今年の新入生は、全員がしっかりとした子達と見受けました。
起立・礼ともにきちんとできていて、ついこの間までフニャフニャと頼りなげだった子たちがこんなにしっかりするところを見ると、他人様の子どもながら嬉しくなりますね。

 さあ、子どもたちが誇れる村と未来を残すためにも、もう一頑張りしますよ!

posted by 酒井ひろき at 11:48| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

「長生村は年金を差し押さえしていない(村長)」 #LG_gikai #area99

 午前中からの任意調査委員会は、昼を挟んで急遽再開された4月会議において、正式な調査特別委員会に格上げされました。
この席上に村の顧問弁護士を参考人招致して、法的解釈として村には「過失がない」とした理由等を質すつもりでしたが、生憎と連絡が取ませんでした。21日に再開する委員会への出席を要請する予定です。

 先にも書きましたが、通年議会制度のメリットをいかん無く発揮した迅速かつ機動的な議会運営であり、「制度導入してホントに良かった!」と思った瞬間でした。

【資料】

 さて、村長からは朝日新聞に対して「差し押さえは、手続きに従って粛々と業務を行ったもので過失はない」というコメントが発表されています(参考:asahi20100407.pdf)が、委員会では各議員から様々な質問が出ましたが、私は二点だけ尋ねました。

  • 質問:「最低限度の生活費として、残高10万円未満となる差し押さえを禁止する国税徴収法第34条」に対する、弁護士の見解はどうだったのか。
  • 回答:同法は給与の過分な差し押さえを禁止する法律である(税務課長答弁)

 一見すると、正しいようにも見えますが、実は非常に問題があります。
この法律は、「労働可能な人が働いた対価として得る給料でさえ、差し押さえにあたっては、10万円は生活費として残さなければダメですよ」という趣旨であり、労働対価を得る術のない年金生活者の年金ほぼ全額を差し押さえたことの問題性が、むしろこの説明によって明らかになったわけです。

  • 質問:問題の本質は「年金機構から振り出された時点では年金だが、銀行口座に入った時点で"一般債権"として扱われるので法的問題はない」ということではなく、お年寄りにとって、唯一の生活費であった年金をほぼ全てを差し押さえたことに起因するであろう餓死問題を、人道的見地からどう思い、遺族に謝罪する気はないのか?というのが大方の議員からの質問だが、村長はどのように認識しているのか。
  • 回答:弁護士と協議したが本件は法的問題点はない。差し押さえたのは年金でも年金口座でもない。鴨川で調査したが、警察からは死因が餓死であるという言葉はなかった。村の差し押さえと換価が原因であるのか疑問を持っている。(村長)

 村長からは、喧嘩腰で「私が調べた限り餓死とは断定できない。議員と議会は謝罪・訂正しろ」といわれましたが、私は拒否しました。
「餓死」という言葉は、共産党議員さんが死亡記事直後に現地まで赴き、鴨川警察署・刑事課長O氏から直接聞いた言葉です。このとき、被害者が以前勤めていた会社の社長さんも同席して同じ言葉を聞いているとのことであり、非常に信ぴょう性の高いものだと判断出来ます。共産党さんは政治信条として賛同はできませんが、嘘をつく事はないと断言できます。

 また、「年金は差し押さえていない」と詭弁を繰り返すのですが、たとえ呼び方が「年金」や「預金」から「一般債権」に変わろうとも、通帳の出納記録には年金機構からの入金であることが明記されていますし、被害者にとって唯一の生活費としての年金であったことは厳然たる事実なのです。さらには、「いくらを差し押さえるかは、自治体首長に与えられた裁量権である」と述べました。

 片岡議員からの質問では、3月25日に村長が訪問したという鴨川警察署・鴨川市役所・鴨川の不動作業者等の担当者の氏名が明らかになりましたので、私と片岡議員二人で、近いうちに現地で再調査してくる予定です。
(4月21日の委員会の結果次第では取りやめの可能性もありますが)

 蛇足ですが、この年金差し押さえ餓死事件は、ついに国会でも取り上げられる事態となりました。
共産党・佐々木憲昭議員:地方税 「機械的な差押えをするな」と追及

 

posted by 酒井ひろき at 18:34| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別委員会続報 #LG_gikai #area99

 村長は、「今回の死亡事件は、村の差し押さえが原因かどうか疑問を持っている」 「年金は差し押さえていない」と発言。

 差し押さえも、「弁護士との協議の結果、法的な問題はなかった」との答弁を何度となく繰り返すのみ。

 弁護士への問い合わせは、議会からの正式な要望書に持つづくものではなく、議会報告会の資料を元にしているだけ。
これではきちんとした法的見解が出るはずはない。

 問題意識そのものを持っていない模様。
posted by 酒井ひろき at 14:43| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四月会議 再開決定 #LG_gikai #area99

 急遽、議運が開かれ、午後から四月会議が再開される運びとなりました。

 これまで任意の委員会だったものを正式な委員会へ昇格させ、顧問弁護士を参考人招致する予定です。

 思わぬところで通年議会制度のメリットが発揮されたことになります。
posted by 酒井ひろき at 12:34| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餓死問題調査委員会 #LG_gikai #area99

 今朝の朝日新聞には、村長の弁として「過失はない」と出ています。
この事実を確認するため、調査委員会では、弁護士への質問事項と弁護士からの回答書を提出するよう求めましたが、「公文書ではない」(弁護士談)ことを理由に提出を拒否されました。

 公式回答でもない文章をもとにして「過失はない」と新聞発表したことは、信じられない異常事態です。
また、村の顧問弁護士からの回答書は村の財産であり、これを公開できないとする姿勢も問題視すべきではないでしょうか。
「村の顧問弁護士」とは、「村長個人の顧問弁護士」ではないのです。

 会議は午後も続きます。
posted by 酒井ひろき at 12:24| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

ながいき瓦版5号 #LG_gikai #area99

 ながいき瓦版の最新であり、今季の議員が出す最終号です。
朝刊に折り込み全戸配布してありますが、都合で読めない方のためにこちらにも掲載しておきます。

 内容は、先にもお伝えした鴨川・老人孤独死事件について、議会から村長宛に出した要望書に基づいたものとなっています。

 要望書の内容・今回の事件の問題点など詳しく解説されていますので、ぜひ御覧下さい。

 ながいき瓦版5号
 kawaraban05.pdf (302KB)

posted by 酒井ひろき at 07:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。