99number90.png九十九里ナンバー実現のため、署名活動を展開しています。趣旨に賛同いただける方、どうぞリンクから署名をお願いします。
http://www.shomei.tv/project-292.html

QRcode.png携帯からはこちらへ。
http://www.shomei.tv/m/project-292.html
左のQRコードを使えば、署名ページに一発で飛べます。

アナタの「1ポチッ」が励みになります。 この記事が「面白い!」という方は、下の政治ブログランキングボタンをポチッとクリックお願いします!!
にほんブログ村 政治ブログへ

2009年04月23日

長生村議会の未来を見据えて

 これは活動報告ではなく、活動予告です。

 来月中旬、長生村議会は宮城県の蔵王町議会と松島町議会という二つの議会を視察させていただきます。
目的は通年議会と議会基本条例の先進事例としてです。ついでといっては余りについでですが、同じ宮城県にある多賀城駅(東北本線)も視察します。こちらは八積駅北側開発に関連する視察です。


 

 蔵王町は全国でも2例目となる通年議会制を採用しています。
通年議会とは年初に議会を開会し、年末までを一つの会期として運営する方式。議会の中断は「閉会」ではなく「休会」となることが特徴で、メリットとして臨時議会を開会する必要が無くなること、専決処分がほとんど無くなること、迅速かつ機動的な議会運営が可能になること、議会の招集権が首長から議長へ移行することなどが挙げられます。

通年議会についての参考ページ
http://blog.goo.ne.jp/mitani-jimusho/e/6dedf88fdc6ada90a3e5fdb76e86b654
http://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&ct=res&cd=7&url=http%3A%2F%2Fwww.gikai-fukushima-hokkaido.jp%2Fkasseka(1)%2F21-shiryou%2F20-24.pdf&ei=daHtSbrYC4uGkQXhz8WoDw&usg=AFQjCNFoeE17FXv6o9mjroaJeP8t5aXeHg&sig2=wydQiA249_kADA8cbXRT6A



 松島町では議会基本条例について学びます。

議会基本条例についての参考ページ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%9D%A1%E4%BE%8B

 また、札幌大学の福士 明博士の言葉によれば、次のようになります。

 分権改革によって、自治体の権限が拡大したことに伴い、議会の役割も大きくなった。これに対応して、議会改革を積極的に進める議会がでてきており、そのような議会改革を継続し発展させることなどを目的として、議会基本条例を制定する自治体が出現している。栗山町議会基本条例(2006年制定)がその第1号であるが、それに続いていくつかの自治体でも議会基本条例が制定されている。
http://houmu.h-chosonkai.gr.jp/siryoukan/fukusisi%20jissenjyourei15.htm


 私の個人的考えですが、「議会制民主主義」という言葉と「住民自治」という言葉の間に距離がある、いえ、溝があるといっても良いかもしれません。
この溝をできるだけ埋めて、住民と議会が一体になるための試みが通年議会であり、議会基本条例ではないかと思います。

 もちろん、視察をしたから即、明日から導入できるというモノでもありませんが、議会では大方の方が導入に前向きな姿勢ですし、当然、私も大賛成です。
欲を言えば、繰り返しになりますが、議会のネット配信やビデオによるオンデマンド配信などを導入すれば、住民の皆さんに議会や政治というモノを、より身近に感じてもらえるのではないでしょうか。

 これは既に長野県・木祖村という、人口わずか2000人にも満たない村でも導入されているシステムで、都市部ならまだしも、同じ「村」に先を越されたことは非常に悔しい思いです(^^;
http://blog.goo.ne.jp/kisonavi/e/2a4addbfb3ff2c2e6756d78dde27c873

 ともかく今回の視察、非常に楽しみにしています。

posted by 酒井ひろき at 09:11| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごぶさたしております。
取り上げてくださってありがとうございます。
議会改革については、地域住民の民度が高さが影響してきますね。若者が流出し高齢者だけが取り残されつつある現状で、どのように意識改革に取り組むべきか…未熟ながら模索中であります。
お互いにがんばりましょう!

…ちなみに村の人口はもう少し多いです。
・・・( ̄▽ ̄;)・・・
Posted by at 2009年05月15日 16:59
すいません!コメントいただいたのに気がつきませんでした!
それから、人口の件、大変失礼しまいたm(。。)m

おっしゃるとおり、「議会はもっと改革すべき点がある」というのは一旦脇に置くとして、それとは別の視点から、住民の民度、そして政治に求めるものの質の転換が必要だと感じています。

旧来の、住民が議員にご用聞きとしての役割を求めている限り、その自治体の議会は変わりようが無く、議員と自治会長の違いを見いだすことが困難だからです。

少しずつ「変わる」ためにも、「変えていく」ためにも頑張ります。
Posted by 酒井 at 2009年06月05日 08:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

長生村 28日より通年議会制の試行へ
Excerpt: 隣の長生村で、28日の村議会より、 『通年議会制』の試行を始めることが新聞報道された。 朝日新聞 マイタウン千葉 2009年09月25日 28日から県内で初 長生村で通年議会試行 矢祭町の『議員..
Weblog: あじすっか(一宮町発) 地域・生活者を起点に地方分権型社会へ
Tracked: 2009-09-27 06:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。